最新版!
今、最も人気の住宅ローンをご紹介します。
ランキングは読者のクリック数でカウントしています。
■トップページ > 新生銀行住宅ローンインタビュー

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

新生銀行住宅ローン担当者インタビュー

インタビュー日:2014年2月7日

管理人:
今日はお時間を頂戴しましてありがとうございます。さて早速ですが、当サイトでも新生銀行さんの住宅ローンは人気がありますが、ご担当者としての立場からお客さまにアピールしたいポイントを挙げるとすればどういった点でしょうか?
担当者:
そうですね、当行の住宅ローンのポイントとしては主に5つ挙げられます。

1.「安心パック」の魅力
2.保証料が無料
3.借り換え時に借入期間を伸ばせる
4.住宅ローンをご利用いただくと、新生銀行のプラチナ顧客向けの特典が付与される
5.コールセンターはもちろん、店頭でも専門スタッフがしっかりサポート
管理人:
なるほど。結構な費用となる保証料への問題意識は徐々に高まってきた気がしますが、一方で、「安心パック」や「借り換え時に借入期間を伸ばせる」といった、新生銀行ならではのメリットについてはあまりご存知ない方が多そうな気がします。そんなわけで、この5つのポイントについて、それぞれ具体的にご説明いただけますでしょうか。

1.「安心パック」の魅力

担当者:
はい。まず1つ目の「安心パック」についてですが、

1.通常の団体信用生命保険に加えて、介護が必要な状態になってしまったときに住宅ローン残高が0円になる「安心保障付団信」
2.収入や支出の変化に合せて返済を自分でコントロールできる「コントロール返済」

の2つの機能がついており、長い住宅ローン返済期間中のさまざまなリスクに備えることができます。

一般的には多くの銀行では、「疾病特約付き団信」など、保障対象が限定されている団体信用保険が取り扱われています。

一方、新生銀行の「安心保障付団信」は、がんや脳卒中、糖尿病などにより介護が必要な状態(※要介護3以上)になってしまった時に限らず、例えば交通事故や不慮の事故などにより、介護が必要な状態になってしまった時でも、お客さまに代わって介護保険金により住宅ローン残高を0円にすることができる保障のついたサービスです。

住宅ローンは完済まで30年を超える場合も多いですし、いつ、どのような原因で健康状態に変化があるのか誰にもわかりません。こちらのサービスでは症状を限定しないことで、「間口が広い」とお客さまからご好評いただいております。
管理人:
至れり尽くせりの保障内容ということですね!魅力的に感じます。

「安心パック」のもう一つ機能である「コントロール返済」についても、詳しく教えていただけますか?
担当者:
はい。「コントロール返済」とは、繰上返済で短くした返済期間内であれば、元金の返済をストップできるというサービスです。

住宅ローンの返済期間の途中には、家族が増えたり、不景気となったり、どんな変化やリスクが訪れるかわかりません。余裕がある時に繰上返済により返済期間を短縮しておけば、その短縮した期間内であれば、いつでも好きなときに電話1本で元本返済をお休みすることができます。

なお、このサービスにより据え置き期間中の住宅ローン支払額を減らすことができますが、ご利用前より利息の総支払額が増加する点はご注意ください。
管理人:
繰上返済で返済期間を短縮しておけば、元本返済の「お休み」を好きな時に「コントロール」できるということですね!一歩先を行くユニークな機能だと感じました。

ちなみに当サイトでも、繰上返済に関心を持たれるお客さまが徐々に増えてきているようですので、新生銀行の繰上返済について特徴などを教えていただけますか?
担当者:
はい。一般的な繰上返済では、回数や最低金額の制限があったり、都度手数料がかかる場合がほとんどですが、新生銀行ならインターネットバンキングからいつでもどこでも、わずか1円から、何度でも手数料無料で繰上返済をご利用いただけます。一日でも早く、1円でも多く繰上返済を進めることで、一般的な住宅ローンに比べて、より利息の軽減効果や、返済期間の短縮効果をご実感いただけると思います。

たとえば、2,500万円を長期固定金利タイプ(年3%)、30年でお借り入れの場合、毎月の返済額は約10万6千円となりますが、約定返済の他に、毎月コツコツとさらに1万円繰上返済していくと、完済までに約177万円の利息軽減効果が得られます。
管理人:
毎月1万円繰上返済するだけで、完済までに約177万円も利息が軽減できるのであれば、がんばろうという気になりますね。ちなみに、なぜ他の金融機関では一般的に有料の繰上返済手数料が新生銀行さんでは無料にできるのでしょうか?
担当者:
主に事務コストを削減した結果、と言えます。繰上返済に際し、来店や事前のご連絡など、お客さまにとって面倒な手続きをなくすことは、私ども銀行にとってもコスト削減につながります。

2.保証料が無料

管理人:
なるほど!それは興味深い相関関係ですね。

では2つ目の「保証料が無料」という点ですが、まずそもそも、保証料とはどういうものなのかご説明いただけますか?
担当者:
保証料とは、お客さまが万が一、住宅ローンのご返済ができなくなった場合、住宅ローンをお借り入れいただいている金融機関が、残りの債務を「保証会社」から返済を受けるための費用です。

ここで大切なことは、「保証会社」が金融機関に返済をおこなっても、お客さまは住宅ローンの返済を免れるわけではありません。住宅ローン契約としては、債権者が金融機関から「保証会社」に移るだけで、引き続き住宅ローンの返済をしなくてはならないというお客さまの立場は変わらないのです。
管理人:
保証料は住宅ローンを借りる人には、あまりメリットがない、ということですね。
担当者:
はい。新生銀行では、お客さまに直接メリットのない「保証会社」という仕組みを用いておりませんので、保証会社に支払う保証料をご負担いただくことはございません。

一般的に大手銀行の住宅ローンでは保証料がかかりますので、「できるだけ初期費用を節約して、頭金を増やしたい」「借り換えにかかる費用は、なるべく抑えたい」というお客さまに、大変評価されています。

3.借り換え時に借入期間を延ばせる

管理人:
合理的ですね!

3つ目が「借り換え時に借入期間を延ばせる」ということでした。
担当者:
はい。単純に金利が下がれば返済負担を軽減することができますが、金利だけで借り換え先を選んでいいのか迷われているお客さまもいらっしゃるかと思います。

そんな方にアピールしたいのですが、新生銀行では、魅力的な金利だけでなく、借入期間をライフプランに合わせて再調整いただくことで、毎月の返済金額を見直していただくことが可能です。

多くの金融機関では、借り換え時の借入期間は、現在お借り入れいただいている住宅ローンの残存期間以内という制限が設けられています。

新生銀行では、住宅ローンの残存期間に関わらず、お客さまの状況に応じて最長35年間でお借り換えいただけます。ただし、住宅ローンの完済時の年齢が80歳未満であることが条件となりますのでご留意ください。
管理人:
借り換え時に借入期間を延ばすことができるのですね!であれば、毎月の返済額をグッと減らすことも可能ですね。
担当者:
はい。借入期間を延ばすと全体の支払利息が増えるわけですが、新生銀行では申し上げましたように繰上返済手数料も無料となっていますので、毎月の返済額は余裕を持たせておきつつ、本当に余裕資金が出てきたときには繰上返済を上手に活用して、こまめに返済することもできます。

万が一、繰上返済しすぎてしまったという場合も大丈夫です。安心パックの「コントロール返済」を利用すれば、繰上返済により短縮した期間内で、元本返済をお休みすることができます。こうしたセーフティネットがあれば、無理せず効率的に返済を進められるのではないでしょうか。

また、新生銀行でお借り換えいただいたときの副次的なメリットとして、保証料の返金、というものがあります。現在お借り入れいただいている金融機関で保証料をお支払いされている場合には、新生銀行へのお借り換え時に残存期間分の保証料が保証会社より返金されます。

しかし新生銀行では保証料がかかりませんので、戻ってきた保証金はそのままお客さまのお手元に残ります。戻ってきた保証金で借り換え費用がまかなえれば、実質的に追加負担なく借り換えができることになりますね。

4.住宅ローンをご利用いただくと、新生銀行のプラチナ顧客向けの特典が付与される

管理人:
保証料が無料だと、たくさんの良いことがある、ということですね・・・。

さて4つ目の特徴が、「住宅ローンをご利用いただくと、新生銀行のプラチナ顧客向けの特典が付与される」でした。
担当者:
はい。新生銀行では、お客さまのお取引状況に応じて、プラチナ、ゴールドなど3つのステージをご用意しております。

新生銀行の口座を利用すればどなたでも、セブン銀行やゆうちょ銀行、コンビニATMなどの提携金融機関のATMの入出金手数料が無料でご利用いただけるわけですが、住宅ローンをお借り入れいただくと、自動的に最高ステージの「新生プラチナ」となり、さらに、インターネットによる他行宛振込手数料が月10回まで無料など、嬉しい特典が沢山あります。

5.コールセンターはもちろん、店頭でも専門スタッフがしっかりサポート

管理人:
月10回無料というのは、確かにかなりうれしいですね!

そして最後が「コールセンターはもちろん、店頭でも専門スタッフがしっかりサポート」ということでした。
担当者:
はい。住宅ローンをご検討されている方の多くは、平日は仕事で忙しいのではないかと思いますが、そういうお客さまにも、相談いただけるよう、新生銀行の住宅ローン専用コールセンターは、年末年始を除き、毎日9時〜19時までお問い合わせ・ご相談を受け付けております。思い立ったときに、いつでもお気軽にお問い合わせいただければと思います。

また一方で、店頭でじっくり納得いくまで話を聞きたいという方もおられると思います。そういったお客さまのご希望にあわせて、店頭でも、電話でも専門スタッフがしっかりサポートさせていただきます。

住宅ローンは高額かつ長い期間にわたりお付き合いが続いていきます。「顔が見える銀行」と取引をしたい、という方も多いのではないでしょうか。

またお申し込み後は、お客さま専任のスタッフがご担当させていただきますので、お借り入れ開始までしっかりサポートさせていただきます。

スタッフ一同、お客さまが安心してご相談いただけるよう日々取り組んでいます。

6.「金利だけ」で選ぶ時代から、「金利+サービス」で選ぶ時代へ

管理人:
最後の質問ですが、最近、新生銀行の住宅ローンを選ぶ方は多いようですが、具体的にその理由は何だとお考えですか?

担当者:
新生銀行の住宅ローンを選んでいただく理由としては、「魅力的な金利水準」に加え、「金利以外のサービスも充実している」とご評価いただいているからではないかと思います。

「金利」ももちろん重要ですが、それ以外の「保証料無料」、「繰上返済の利便性」、「ATM・振込手数料無料」と言った点や、冒頭ご案内した「安心パック」についても確かな御支持をいただいています。

ただ、こうした金利水準や商品設計のユニークさ・優位性だけではなく「スタッフの方の対応が決め手だった」とのお声を頂戴するケースも少なくありません。担当者としては、今まで以上に解りやすい説明や安心して相談いただける体制を目指していきたいと思っています。
管理人:
ぜひがんばってください。本日は長時間ありがとうございました。
担当者:
こちらこそありがとうございました。

新生銀行の住宅ローンについて詳しくはこちら



PAGE TOP

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

住宅ローン お役立ちコンテンツ

トップページ
New! 2018年5月の住宅ローン金利比較・ランキング
New! 2018年5月のフラット35金利比較・ランキング
住宅ローン金利推移と住宅ローン金利動向について
住宅ローンシミュレーション(シュミレーション)について
住宅ローン審査の9大基準 落ちた理由は?対策は?
最新住宅関連ニュース :
地価動向について
住宅ローン減税/住宅ローン控除について

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちリンク

引越し業者一括見積もり
トップページ