最新版!
今、最も人気の住宅ローンをご紹介します。
ランキングは読者のクリック数でカウントしています。
■トップページ > 住信SBIネット銀行住宅ローンインタビュー

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

住信SBIネット銀行住宅ローン担当者インタビュー

インタビュー日:2016年11月1日

1.特徴について

管理人:
今日はお忙しいところありがとうございます。当サイトでも住信SBIネット銀行さんの住宅ローンの人気は高く、最近はさらに人気が高まっているように感じておりましたので、こうした機会をいただいて当方も楽しみにしておりました。

さて早速ですがまず御行の住宅ローンの特徴について教えていただけますでしょうか。
担当者:
当社では、三井住友信託銀行の代理業者として取り扱っている「ネット専用住宅ローン」、また、当社商品として「提携住宅ローン」、「ミスター住宅ローンREAL」、「フラット35」の4商品を取り扱っております。

商品によって申込チャネルが異なり、「ネット専用住宅ローン」はWEB、「提携住宅ローン」は提携不動会社、「ミスター住宅ローンREAL」は銀行代理業者(ARUHI・SBIマネープラザ所定の店舗)にてお申込みを承っており、WEBで簡単にお申込みしたい方や、対面式でご相談されたい方など、お客さまのニーズに合ったお申込方法を選択していただくことができます。

加えて、商品性に関する特徴は主に4点あります。

1.魅力的な金利

2.保証料が無料

3.一部繰上返済手数料が無料

4.団体信用生命保険と全疾病保障が無料付帯

当社フラット35では借入金額の0.5%を事務取扱手数料に上乗せすることで全疾病保障を付帯することができます。

また、住宅ローンをご利用いただく際には、当社の銀行口座を開設していただくことになりますが、当社住宅ローンをお借入れのお客様は、ATM手数料や振込手数料がそれぞれ月7回まで無料でご利用いただけます(フラット35で返済口座を当社以外の口座に指定されるお客さまは対象外となります)。
管理人:
たくさんありますね!これだけで借りたいと思う方は多いと思うのですが一つ一つ伺いたいたいと思います。まず最も関心が高いと思われる「金利が低い」という点ですが、どのようにしてこうした低金利が実現できているのでしょうか?
担当者:
さまざまな要素があると思いますが、その一つとして、不要な事務の削減や効率化、厳格なリスク管理等によるローコストオペレーションにより、金利の構成要素の一つである経費をコントロールできている点が挙げられると思います。

引き続き、魅力的な金利を提供させていただくために、一層のコスト削減等に向けた創意工夫が必要であると考えています。
管理人:
次に繰上返済手数料無料という点ですが、確かに御行の住宅ローンは繰上返済しやすいというイメージがあります。手数料無料も含めた御行住宅ローンの「繰上返済のしやすさ」について具体的にどんな特徴やメリットがあるのか教えていただけますでしょうか。
担当者:
はい。当社住宅ローンの繰上返済はインターネットでのお手続きとなりますので、時間や場所を選びません。一部繰上返済は1円から、インターネットで何度でも手数料無料で行うことができます。

またインターネット上で返済予約もすることができ、繰上返済希望日は、翌日から60日以内の営業日(土・日・祝日およびその他法令で定められた銀行の休日を除く)であればいつでも指定できます。
管理人:
どんどん繰り上げ返済してもらって構わない、ということですね?
担当者:
その通りです。期間短縮型で返済期間を短くする方法や、返済額軽減型で毎月の返済額を軽減する方法を選ぶことができるため、お客さまのライフスタイルにあわせた返済方法をお選びいただくことができます。
管理人:
すばらしいと思います。しかし御行の住宅ローンの最大の特徴は次の疾病保障が無料でついてくる、ということではないかと思います。具体的に疾病保障とはどういったものかわかりやすく教えていただけますでしょうか。
担当者:
当社の住宅ローンは団体信用生命保険に加え、8大疾病に備えた保障が無料で付帯されています。具体的には、3つの特定疾病(がん・悪性新生物、急性心筋梗塞、脳卒中)、もしくは5つの重度慢性疾患(高血圧症、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変、慢性膵炎)で所定の就業不能状態になった場合、月々の返済が保障されるものです。

また、就業不能状態が続いた場合、住宅ローン残高相当額が支払われます。

さらに、ネット専用住宅ローンでは女性のお客さまに、ガン診断給付金も付帯しております。

また、提携住宅ローン・ミスター住宅ローンREALでは日常生活の万一に備えた団体総合生活補償保険も付帯しています。いずれも無料付帯となっており、より広範な保障で安心感を持ってお借入れいただくことが可能です。

なお、健康状態によってはご加入できない場合がございますので、予めご了承ください。
管理人:
これまたすばらしいですね!疾病保障の利用を考えている方は御行の住宅ローンを必ず選択肢の1つに加えた方が良さそうです。

ちなみに最近では住宅ローン利用者に、別の付帯サービスをつけることが流行っているように思いますが、それが先ほど仰っていたATM手数料・振込手数料無料ということではないかと思います。この中身についてもう少し詳しく教えていただけますか?

2.それ以外の魅力について

担当者:
はい。先ほども申し上げましたが当社の住宅ローンをご利用いただいているお客さまはATMからの引出手数料と、当行から他行への振込手数料がそれぞれ月7回無料となっております。当社では24時間365日(一部提携ATMを除く)ATMサービスをご利用いただくことができ、振込もインターネットで簡単に操作することができます。
管理人:
人によっては金利優遇以上のメリットが得られるかもしれませんね。とても魅力的に感じました。他に何か御行の住宅ローンを借りるメリットはありますか。
担当者:
はい。お客さまの中には、ご勤務先の給与振込先に別の銀行が指定されているため「毎月の資金移動(他行から住信SBIネット銀行への振込)が手間だし、振込手数料ももったいない」とお考えになる方もいらっしゃると思います。

そういった方のために「定額自動入金サービス」を利用すれば他行口座から当社代表口座へ毎月の返済相当額を自動で資金移動できます。当社の口座を給与振込口座に指定していなくても、他行からの送金を無料で行うことができるため、返済のための資金移動に手数料はかかりません(※当社が指定する金融機関に限ります)。
管理人:
なるほど、とても便利そうですね!費用面でもメリットが大きそうです。
担当者:
はい。住宅ローンは完済するまで長期間に渡りお付き合いいただく商品です。少額であれ、その積み重ねが結果的に大きな金額の差となります。住宅ローンの金利や諸費用はもちろんですが、その他の付帯サービスにも是非注目していただきたいです。
管理人:
御行の住宅ローンの良さはよく分かりましたが、ネット銀行の手続きということで不安に思っておられる方もいるかもしれません。具体的な手続き方法や分からない時のサポートなどについて簡単でいいので教えていただけますか?

3.手続きのサポートについて

担当者:
当社はカスタマーセンターでのサポートを充実させております。ご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください。平日は朝9時から午後6時、土日祝日は朝9時から午後5時までお電話で受け付けております。

また、直接ご相談をご希望される場合には、お近くの当社銀行代理業者へお問い合わせください。取扱い店舗等については、当社HPをご覧ください。
管理人:
なるほど。それであれば安心して申し込めそうですね。逆にネット申し込みならではのメリットはありますでしょうか?
担当者:
申込や書類等の受け渡しはすべてインターネットもしくは郵送となりますので、窓口に足を運んでいただく必要がございません。日にちや時間を選ぶことなくお客さまの好きなお時間にお申込み・お手続きいただけます。
管理人:
サラリーマンには最適かもしれませんね。

話は変わりますが、最近の金利低下で住宅ローンの借り換えが人気という話を聞きます。御行の場合、新規と借り換えの割合はどれくらいになっているのでしょうか?

4.借り換えについて

担当者:
現在は借り換えのお申込みもたくさんいただいており、全体の約6割を占めています。
管理人:
借り換え目的の方にも人気ということですね。借り換えの方にPRするとすればどういった点が挙げられるのでしょうか。
担当者:
はい。変動金利を選んでいただくお客さまには借換専用の引き下げプランをご用意しております。固定金利を選ばれるお客さまも魅力的な金利でお借入していただくことができます。もちろん、変動金利と固定金利をミックスしてお借入いただくことも可能です。

また、お借換後の借入期間については、現在お借入中の住宅ローンの借入期間に関わらず、「35年から借換対象となる住宅ローンのお借入日からの経過期間」を差引いた期間を上限としており、ケースによっては、毎月の返済額が軽減される場合もございます。

詳しくは、当社HPのQ&Aにも記載がございますのでご覧ください。

なお、審査結果によってはご希望に添えない場合もございますので、ご了承ください。
管理人:
ありがとうございます。とても参考になります。さて、これまで御行の住宅ローンについてお伺いしてきましたが、御行取扱いのフラット35についても聞かせてください。

フラット35はどこの銀行で借りても一緒、というイメージを持っている方も少なくないと思いますが、御行からフラット35を借りるメリットを教えていただけますか?

5.フラット35について

担当者:
はい。同じフラット35という商品でも取金融機関によって金利や手数料が異なります。

当社のフラット35の金利は最低水準です。また、手数料についても、当社口座を返済口座に指定していただいた場合にはお借入額の1.0%(税抜)とお得になっています(当社以外の口座を返済口座に指定される場合はお借入額の1.5%・税抜)。

さらに、お借入額の0.5%(税抜)を事務取扱手数料に上乗せにすることで全疾病保障に加入していただくことができます。

また、「ミスターパッケージローン」の取扱を開始しております。「ミスターパッケージローン」は、フラット35をご利用のお客さま限定の商品で、物件価格の1割部分をご利用いただくことでフラット35のお借入額を9割に抑え、金利の低い9割以下のフラット35のメリットを活かしつつ、物件価格の10割までご利用が可能となりました。

詳しい商品内容については、当社HPをご覧ください。
管理人:
同じフラット35でも金利や事務手数料は銀行によって異なり、御行のフラット35は金利面でも手数料面でも魅力的ということですね。であればフラット35を検討されている方も選択肢に入れておくべきと言えそうですね。全疾病保障や「ミスターパッケージローン」も特色があるように感じました。

ちなみに20年以上の固定金利の場合、御行住宅ローンにするのかフラット35にするのか迷われている方もおられるかもしれません。そうした方には何かアドバイスがあるでしょうか?
担当者:
全期間固定金利の変わらない安心感で長期にわたるライフプランを立てたい方にはフラット35、変動金利と固定金利をミックスしてお借入するなど様々なプランを検討したい方は当社の住宅ローンのご検討をお勧めします。お客さまのライフプランに合った商品をご選択ください。
管理人:
なるほど。あとはどちらが実質的に金利が低いのか、ということになるのでしょうね。今日は御行の住宅ローンについてわかりやすく教えていただきありがとうございました。読者の方に何か一言お願いできますでしょうか。

6.最後に

担当者:
当社の住宅ローンに興味を持っていただけると嬉しいです。住宅のご購入やお借換えを検討されている方は、まずは仮申込を行ってみてください。スピーディに審査結果をご回答させていただきます。
管理人:
軽い気持ちで仮審査を受けても大丈夫でしょうか?(笑)
担当者:
もちろん大丈夫です。お客さまのニーズにあったチャネルからお気軽にお申込みください。WEB申込はPCやスマートフォンなどから簡単にお申込みすることができ、団体信用生命保険、全疾病保障の申込手続きもWEBで完結できます。
管理人:
よく分かりました。今日はお忙しいところありがとうございました。
担当者:
こちらこそありがとうございました。

住信SBIネット銀行の住宅ローンについて詳しくはこちら



PAGE TOP

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

住宅ローン お役立ちコンテンツ

トップページ
New! 2018年10月の住宅ローン金利比較・ランキング
New! 2018年10月のフラット35金利比較・ランキング
住宅ローン金利推移と住宅ローン金利動向について
住宅ローンシミュレーション(シュミレーション)について
住宅ローン審査の9大基準 落ちた理由は?対策は?
最新住宅関連ニュース :
住宅ローンの基本 :
地価動向について
住宅ローン減税/住宅ローン控除について

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちリンク

引越し業者一括見積もり
トップページ