最新の
今、最も人気の住宅ローンをご紹介します。
ランキングは読者のクリック数でカウントしています。

■トップページ > 住宅ローンの基本 > 「忘れていませんか、住宅購入の諸費用!どれくらいかかる?」

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

住宅ローンの基本

忘れていませんか、住宅購入の諸費用!どれくらいかかる?

このページでは、住宅ローンの基本をご紹介しています。
2018年11月24日

前回のコラムで、住宅ローンの頭金=自己資金について「少なくとも1割は必要、平均は2割以上」とご案内しました。

>>>住宅ローンの頭金=自己資金、いくら必要?ゼロでもいい?

では3,000万円の物件を買うとして300万円の自己資金を貯めれば十分なのでしょうか?

残念ながらそうではありません。なぜなら住宅購入には、不動産登記費用や不動産業者に支払う手数料などの「諸費用」がかかるのですね。

これらは原則的に自己資金で賄うべきものですし、どうしても足りなくて「諸費用ローン」を組むにせよ、「自己資金融資OKの住宅ローン」を組むにせよ、通常の住宅ローン金利より割高になるのは間違いありません。

また新規借入時に諸費用すら払えないと借り換えの時に大きな制約を受ける=借り換えできない場合もあるようですので要注意です。

いずれにしても経済合理性という観点からも「諸費用」の自己負担は必須と言えます。

では住宅購入の際の諸費用はどういったものがあるのでしょうか?具体的にはこうなります。

・印紙税

・登録免許税

・不動産取得税

・司法書士への手数料

・検査機関への検査代

・住宅ローン事務手数料

・住宅ローン保証料

・不動産業者への手数料 : 売主から直接購入しない場合

・つなぎ融資利息、費用 : 注文住宅や中古リフォーム物件の場合

・保険料 : 火災災保険、地震保険、生命保険など

・引っ越し代

・家電製品、インテリア代


確かに色々ありますね・・・ざっと見ただけでも軽く100万円を超えてくるのは間違いなさそうです。

気になる方はぜひ1つ1つ計算していただきたいと思いますが、こうした諸費用の目安としては以下の通りです。

・土地+注文住宅 : 物件価格の10%前後

・中古物件 : 物件価格の8%前後

・新築物件 : 物件価格の5%前後 ※売主から直接購入する場合

そのように考えると冒頭ご案内したように「住宅ローンの頭金=自己資金について少なくとも1割は必要、平均は2割以上」ですが、諸費用負担も考えるとこう考えた方が良さそうです。

・自己資金(住宅ローン頭金+諸費用)は少なくとも物件価格の2割以上必要

ハードルが高くなってしまいますが、その分トータルコストが安くなるわけですからぜひ準備したいですね。

前回ご案内したように国土交通省の調査によれば物件価格に対する自己資金の割合はこのようになっています。



こうした調査結果も参考に貯金を進めていただければと思います。

<日本住宅ローンプランニング編集部>

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

住宅ローンの基本

トップページ
住宅ローンの基本 :

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちコンテンツ

トップページ
New! 2018年12月の住宅ローン金利比較・ランキング
New! 2018年12月のフラット35金利比較・ランキング
住宅ローン金利推移と住宅ローン金利動向について
住宅ローンシミュレーション(シュミレーション)について
住宅ローン審査の9大基準 落ちた理由は?対策は?
最新住宅関連ニュース :
住宅ローンの基本 :
地価動向について
住宅ローン減税/住宅ローン控除について

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちリンク

引越し業者一括見積もり
トップページ