最新の
今、最も人気の住宅ローンをご紹介します。

■トップページ > 住宅ローンの基本 > 「住宅ローンはネット銀行とリアル銀行、どちらがいい?」

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

住宅ローンの基本

住宅ローンはネット銀行とリアル銀行、どちらがいい?

このページでは、住宅ローンの基本をご紹介しています。
2019年4月21日

住宅ローンを利用するにあたってネット銀行とリアル銀行のどちらがいいのでしょうか?

これは実際に金利を比べるのが早いですね。例えば変動金利で言うとこうなっています。

・住信SBIネット銀行:0.447%

・じぶん銀行:0.457%

・三菱UFJ銀行:0.625%

金利水準を見れば一目瞭然と言えます。さらに住信SBIネット銀行やじぶん銀行の場合、全疾病保障が無料でついてきますので、「金利差以上の魅力がある」のは間違いなさそうです。

なぜこうした金利差があるかと言えば、もちろんネット銀行は店舗がなく人件費などの間接コストが少ないというのもあるのかもしれませんが、加えて

・審査が相対的に厳しく、リスクをなるべく取らないよう運営している

・業歴が短く、住宅ローンの貸し倒れが少ない

と言ったこともあるかもしれません。後者については今後業歴が長くなってくるにしたがって顕在化してくる可能性はあるものの、一方で「地価も給料も下がり、リストラが横行した失われた20年」はもはや過去のものと考えると、「業務をスタートした時期も良かった」と言えそうです。

あくまで推測ではありますが・・・。

ちなみにこの「ネット優位」というのは、リアル銀行自身が進めている政策でもあり、実際上記三菱UFJ銀行もネット専用の変動金利はこのようになっています。

・三菱UFJ銀行/店頭金利:0.625%

・三菱UFJ銀行/ネット金利:0.525%

つまりはリアル銀行自ら「ネットで申し込んでくださいね」と誘導しているわけですから、結論から言うと「ネット銀行の方がいい」ということで間違いありません。

そもそもじぶん銀行自身が三菱UFJ銀行の子会社ですからね!

ただ一方でリアル銀行にメリットがないわけではなく、主にこういった優位点があります。

・審査や手続きが早い

・審査や手続きが柔軟な場合がある

・書類集めや書類記入に関して丁寧にサポートしてもらえる

言い換えれば、多少金利が高いとしてもこうした点にメリットを感じるようであればリアル銀行を利用すればよいし、そうでないならネット銀行を利用する、ということでいいのではないでしょうか。

<日本住宅ローンプランニング編集部>

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

住宅ローンの基本

トップページ
住宅ローンの基本 :

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちコンテンツ

トップページ
New! 2019年7月の住宅ローン金利比較・ランキング
New! 2019年7月のフラット35金利比較・ランキング
住宅ローン金利推移と住宅ローン金利動向について
住宅ローンシミュレーション(シュミレーション)について
住宅ローン審査の9大基準 落ちた理由は?対策は?
最新住宅関連ニュース :
住宅ローンの基本 :
地価動向について
住宅ローン減税/住宅ローン控除について

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちリンク

引越し業者一括見積もり
トップページ