最新の
今、最も人気の住宅ローンをご紹介します。

■トップページ > 住宅ローンの基本 > 「変動金利の5年ルール・125%ルールはついている?」

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

住宅ローンの基本

変動金利の5年ルール・125%ルールはついている?

このページでは、住宅ローンの基本をご紹介しています。
2019年5月25日

住宅ローンの金利タイプの中でも人気なのが変動金利タイプですが、利用するにあたって気になるのが金利上昇リスクです。

金利が上昇して毎月の返済額が2倍、3倍になったら困りますよね。

もちろん銀行としても住宅ローン利用者が返済できなくなっては困るわけで、そうした金利上昇時の激変措置を緩和するのが「5年ルール」「125%ルール」というわけです。

では具体的にどういうルールかと言うと、仮に金利が上昇したとしても

・5年間は毎月の返済額を変えない

というのが5年ルールです。たとえば毎月の返済額が10万円として、大雑把にその内訳が1万円が利息、9万円が元本返済とすると、仮に金利が急上昇したとしても2万円が利息、8万円が元本返済などに変更することで、「毎月の返済額は10万円のまま」とするものですね。

元本の減り方はゆっくりとなりますが、それでも返済に窮するよりははるかにマシですので顧客に優しいルールと言えそうです。

では次に125%ルールは何かというと

・それでも毎月の返済額を増えないといけない場合、返済額の増額は元の125%まで

と上限を決めるものです。

たとえば毎月の返済額が10万円とすると、仮に金利が上昇したとしても5年後の返済額は「最大でも12万5,000円まで」ということですね。

これまた元本の減りは遅くなるかもしれませんが、青天井で返済額が増えるリスクを考えれば顧客にとってうれしいルールと言えます。

そうしたわけでこの住宅ローン変動金利に関わる「5年ルール」「125%ルール」はあった方がいいルールですね。

銀行によってはこの「5年ルール」「125%ルール」が用意されていない場合もありますのでご注意ください。

ただ過去30年の長期金利の動向を見る限り、金利が5年に渡って上昇したことはなく、さほど気にしなくてもいいかもしれませんが・・・。



<日本住宅ローンプランニング編集部>

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

住宅ローンの基本

トップページ
住宅ローンの基本 :

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちコンテンツ

トップページ
New! 2019年12月の住宅ローン金利比較・ランキング
New! 2019年12月のフラット35金利比較・ランキング
住宅ローン金利推移と住宅ローン金利動向について
住宅ローンシミュレーション(シュミレーション)について
住宅ローン審査の9大基準 落ちた理由は?対策は?
最新住宅関連ニュース :
住宅ローンの基本 :
地価動向について
住宅ローン減税/住宅ローン控除について

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちリンク

引越し業者一括見積もり
トップページ