最新の
今、最も人気の住宅ローンをご紹介します。

■トップページ > 住宅関連ニュース > 詳細記事

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

住宅ローン お役立ちコンテンツ

住宅関連ニュース

このページでは、住宅ローン、住宅に関する各種ニュースや情報をご紹介します。
2011年5月3日

<時事ドットコム>

住宅ローン金利一部上げ=みずほ銀


 みずほ銀行は28日、5月の住宅ローン適用金利を一部変更すると発表した。固定金利型について期間15年と20年を前月比0.05%引き上げ、それぞれ4.60%、5.00%とする。5月2日から適用する。三菱UFJ銀行と三井住友銀行は全ての期間で据え置いた。


<編集部からのコメント>

5月となりました。首都圏の不動産販売も、震災の影響から徐々に回復しつつあるらしいですが、とはいえそれは50%→70%に回復するとか、60%→80%に回復するとか、そういう話であって、100%の状態に戻るにはもう数ヶ月かかるのでしょうね。

やはり余震だったり、原発だったり、電力不足といった、継続中の諸問題が収束するのと反比例した動きになるのではないでしょうか。

とは言いながら、そうであっても底堅いマイホーム需要はあるわけで、ご検討の方々にとって気になるのは住宅ローンの金利動向ですが、今月は大手銀行の中ではみずほ銀行が期間15年と20年の金利を少し引き上げたようです。

と言うことは金利は上昇傾向にあるのか?と思いますが、こちらの記事では「5月のフラット35、20年以下の金利低下」ということであります。上がっているのか下がっているのかよくわからなくなってきますが、住宅ローンと関係の深い、長期金利はこのような推移になっております。



ギッタンバッタンしておりますが、足元では下がっておりますね。金利は通常であれば「経済の体温」のようなものですから、震災やそれに続く諸問題の影響により、景気に暗雲が立ち込めている現状では、金利が低下するのも納得できます。

となるとなぜ冒頭のみずほ銀行が金利を少し上げたかがよく分からなくなってきますが、4月前半までは金利が少し上昇傾向でしたから、それも影響しているのですかね?

と言うことで、景気が低迷すること自体はあまり喜ばしいことではありませんが、当面は金利上昇を心配する必要はなさそうです。

ちなみに上記長期金利は「10年もの金利」でありますが、もう少し期間の短い金利はどういう動きになっているかと言うと「1年もの金利」はこのような推移になっております。



こちらはより下落傾向が鮮明ですね。住宅ローンの短期金利や変動金利についてもやはり金利上昇は当面、なさそうですね。

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちコンテンツ

トップページ
New! 2022年1月の住宅ローン金利比較・ランキング
New! 2022年1月のフラット35金利比較・ランキング
住宅ローン金利推移と住宅ローン金利動向について
住宅ローンシミュレーション(シュミレーション)について
住宅ローン審査の9大基準 落ちた理由は?対策は?
最新住宅関連ニュース :
住宅ローンの基本 :
地価動向について
住宅ローン減税/住宅ローン控除について

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちリンク

引越し業者一括見積もり
トップページ