最新の
今、最も人気の住宅ローンをご紹介します。

■トップページ > 住宅関連ニュース > 詳細記事

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

住宅ローン お役立ちコンテンツ

住宅関連ニュース

このページでは、住宅ローン、住宅に関する各種ニュースや情報をご紹介します。
2011年7月14日
<MSN>

1年で500万円も夢じゃない!住宅購入の頭金かき集め術






今は、必要な金額の100%を借りられる住宅ローンがほとんど。でも、頭金が多ければ多いほど、完済まで支払う金額に大きく差がつくのだ。




●住宅ローンの条件
借入先:A銀行 金利2.5%(全期間固定金利)、返済期間35年、元利均等返済

例えば、同じ3500万円の家を、同じ金利、同じ返済期間の住宅ローンを利用して買ったとしても、 頭金ゼロと頭金500万円では総支払額に約261万円の差が出てしまう。頭金ゼロだと借り入れが多くなる分、 ローンの利息が多くなるほか、ローンの保証料や抵当権設定費用などの諸費用も多くなる。 同じ家なのに、支払いが100万円単位で多くなってしまうなんて、ものすごく損な気分。 頭金は多ければ多いほど、出費がぐんと少なくなることをおぼえておこう








頭金が多いほうがトクなのは分かっていても、現実的に貯金は少ないし……という人は多いだろう。 「塵も積もれば山となる」。うなだれてあきらめる前に、毎日の無駄遣いを洗い出してみよう。

例えば1日に300円の無駄があったとすると、1年365日で10万円以上の無駄になるのだ。 これから1年、節約生活に励んでみると1年後にはけっこうな金額になっているはずだ。




過去に、おつきあいで入ったよく分からない保険があるという人もいるはず。今はいろいろな保険商品が出ているから、 見直しをちょっと早めにして毎月の保険料を減らし、その分を頭金貯金にまわしてみたらどうだろう。 「家庭で加入している保険のほかに、グループ保険やがん保険など、職場で細かな保険にいくつも加入していて、 保障が重複している人もいます。まずは、自分が今、どんな保険に入っているのかを確認するといいでしょう」 (ファイナンシャルプランナーの杉田さん)。


プロが教える保険の見直し!


例えば共に30歳の夫婦が、夫は、おつきあいで加入した定期保険特約付終身保険(※1)4000万円の死亡保障に対して 毎月1万1500円、妻は、2500万円の死亡保障に対して毎月5000円を支払っている場合、毎月の保険料は1万6500円。 夫の保険を、ある会社の、毎月(毎年)の遺族の生活費にあわせて分割で受け取れる収入保障保険にすると、 毎月20万円を受け取る設定なら保険料は約6500円(※2)。妻の死亡保障は不要と考えて解約すると、 夫婦で年間約12万円のコストダウンになりますね」

住宅ローンを借りると、ほとんどの人が返済途中で死亡・高度障害になった場合にローンの残りを保障する団体信用生命保険(団信)に加入する。つまり、遺族は家賃やローンの心配がなくなるわけだから、購入後の見直しも忘れずに。




共働き世帯だったら可能な荒技が、ひとり分の収入をまるごと貯金作戦だ。浪費をなくす「チリツモ作戦」で約110万円、 「生命保険の見直し作戦」で約12万円を節約できたら、あと約378万があれば1年で500万円だ。 妻か夫、どちらかの年収から、または年収まるごとを貯金にまわせば達成できる可能性があるのだ。




ただしこの荒技、夫婦そろって、またはどちらかが年収高めの余裕のある家計でなければ実現は難しい。でも、あきらめちゃいけない。夫か妻、どちらかの収入の全額、またはほとんどを貯金するのはさすがに無理……という世帯は、「ボーナス全額貯金」でやる気を見せたい。




ボーナスの支給額は人によってさまざまだが、6月に出たばかりのボーナスと、12月に出る予定のボーナスを、 夫婦二人分全額を貯金すれば、かなりまとまった金額だ。

厚生労働省が実施している「毎月勤労統計調査」によると、平成22年度の月給以外の支給額(つまりボーナスや年末調整など) は平均64万8912円(年間)。下のケースでは、夫婦のボーナスをそのまま貯金するものとして、 チリツモ節約分と生命保険の見直し分にプラスしてみた。

 

<編集部からのコメント>

住宅ローンの負担を軽減する上で最も効果的な方法は、当然といえば当然ですが、借入金額を1円でも減らすことです。購入物件を身の丈にあったものにすることももちろん大切ですが、それと同時に頭金を1円でも多く用意することも大事ですね。

また頭金をしっかり貯められる人は、借入後も繰上げ返済を余裕をもって進められる可能性が高いと思います。逆に頭金が全然たまっていない人は、ある意味、まだ住宅ローンを借りる準備が出来ていない、と言えるのかもしれません。マイホームを検討し始めた方は、それと同時にしっかり「貯金力」を高め、相応の頭金を用意したいものです。

加えて、頭金があれば、審査も通りやすくなりますし、金利がより優遇される可能性が高まります。その点でも頭金は重要ですね。

では具体的にどうすれば頭金が効果的にたまるか、ということですが、上記コラムでは概ね以下3つの方法を案内しています。

・チリツモ作戦
・つきあいで入った保険見直し作戦
・収入からドンと貯金作戦

計算上は以下のような貯金ができる、とのことですね。

・チリツモ作戦 ・・・ 110万円
・つきあいで入った保険見直し作戦 ・・・ 12万円
・収入からドンと貯金作戦 ・・・ 130万円

合計で年間252万円ということです。ここまでできればなかなかですね。ちなみに世帯年収としては夫婦で手取り756万円という計算です。額面では860万円くらいですかね?1人あたり430万円。うーん、世帯年収で見れば平均よりはかなり上となるのでしょうか。

特に住宅購入を考える30代前半あたりの平均値でいけば世帯年収は300万円〜500万円程度なのではないですかね?とするとさすがに年間252万円は無理でしょうから、まずは年間100万円程度の貯金を目指すことが現実的かもしれません。

それでも仮に200万円も貯まれば、住宅ローンが2,000万円なら約1割の頭金になります。大きいですね。ぜひチャレンジしてみてください。

ちなみに記者はタバコ・菓子は買いませんし、飲み会もそれほど多くは行っていないので、目指すとすると弁当&水筒ですかね。しかしお弁当の費用って200円で済むのでしょうか!?

それと専門家ではありませんのでよく分かりませんが、「保険料の見直し」はよく指摘されることですね。確かに住宅ローンを借りると団体信用保険がついてきて、万が一のことがあれば住宅ローンが0になり、家族には家が残ります。となると、加入している保険のほとんどは不要になる、という考え方もあるかもしれません。

これから頭金を用意しようという方はぜひ参考になさってください。

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちコンテンツ

トップページ
New! 2022年1月の住宅ローン金利比較・ランキング
New! 2022年1月のフラット35金利比較・ランキング
住宅ローン金利推移と住宅ローン金利動向について
住宅ローンシミュレーション(シュミレーション)について
住宅ローン審査の9大基準 落ちた理由は?対策は?
最新住宅関連ニュース :
住宅ローンの基本 :
地価動向について
住宅ローン減税/住宅ローン控除について

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちリンク

引越し業者一括見積もり
トップページ