最新の
今、最も人気の住宅ローンをご紹介します。

■トップページ > 住宅関連ニュース > 詳細記事

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

住宅ローン お役立ちコンテンツ

住宅関連ニュース

このページでは、住宅ローン、住宅に関する各種ニュースや情報をご紹介します。
2011年8月25日

<マイコミジャーナル>

住信SBIネット銀行、住宅ローン「変動金利引下げキャンペーン」期間延長


住信SBIネット銀行は19日、2011年6月1日から実施している住宅ローンの変動金利引下げキャンペーンの対象期間を延長すると発表した。


同キャンペーンは、住宅ローン借入時に当初金利タイプとして「変動金利タイプ」を選択した顧客を対象に、通常の金利引下げ幅よりさらに年0.1%引下げるというもの。


住信SBIネット銀行では同キャンペーンの対象期間について、2011年9月30日借入分までが対象だったものを、2011年12月28日借入分まで延長する。

<編集部からのコメント>

住宅ローンの金利競争が熾烈を極めておりますね。日経新聞では果たして採算が取れているのか!?という主旨の問題提起がなされているくらいですが、ユーザーからすれば赤字覚悟の出血大サービスとも言えるわけで、ありがたい状況であります。

そんな金利競争の口火を切ったかもしれないのが住信SBIネット銀行ですが、現在実施している住宅ローンの変動金利引き下げキャンペーンを12月28日借り入れ分まで延長するとのことですね。よいことだと思います!

特に住信SBIネット銀行は人気銀行であるためか、審査に時間がかかることが指摘されていますので、今からだと9月30日借入には間に合わないでしょうね。恐らく。その点でも延長はありがたいですね。

ちなみに住宅ローンの借入のピークは例年3月くらいだったような気がします。とすると12月くらいから徐々に住宅ローンも繁忙期を迎えるわけで・・・その前にキャンペーンが終了してしまうなんてことが本当にあるのでしょうか!?

上記の通り過熱する住宅ローン競争を考えれば、実質的には今の優遇金利が続きそうな気もします。いずれにせよ、マイホーム購入は一生に一度のお買い物ですから、焦らず、じっくり品定めしたいものですね。

さて、株価はフラフラ低迷しておりますが、住宅ローンと関係の深い長期金利はといえばこういう状況ですね。



ついに1%前後まで下がってきました。当面、金利が上がることはなさそうです。その点でも焦る必要はなさそうですね。

加えて、デフレ傾向も鮮明になっていますから、日銀の「ゼロ金利政策」が解除される日はまだまだ遠く、短期金利はさらに上昇しづらいですね。お金を借りる人には有利な状況がもう少し続きそうです。

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちコンテンツ

トップページ
New! 2022年1月の住宅ローン金利比較・ランキング
New! 2022年1月のフラット35金利比較・ランキング
住宅ローン金利推移と住宅ローン金利動向について
住宅ローンシミュレーション(シュミレーション)について
住宅ローン審査の9大基準 落ちた理由は?対策は?
最新住宅関連ニュース :
住宅ローンの基本 :
地価動向について
住宅ローン減税/住宅ローン控除について

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちリンク

引越し業者一括見積もり
トップページ