最新の
今、最も人気の住宅ローンをご紹介します。

■トップページ > 住宅関連ニュース > 詳細記事

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

住宅ローン お役立ちコンテンツ

住宅関連ニュース

このページでは、住宅ローン、住宅に関する各種ニュースや情報をご紹介します。
2011年9月13日

日経住宅サーチ

3次補正で「住宅エコポイント」検討 国交相


 前田武志国土交通相は8日、日本経済新聞などとのインタビューで、省エネ住宅の新築・改修時に商品に交換できる「住宅エコポイント」について「2011年度第3次補正予算案の中でやっていきたい」と述べた。東日本大震災の被災地などを対象に、低迷する住宅投資の支援策を導入する考えを示した。


 国交相は、住宅金融支援機構が取り扱う長期固定金利型の住宅ローン「フラット35S」の優遇金利についても、「(3次補正の)対象にしたい」と表明。9月末に申請期限が切れるフラット35の1%優遇金利を、一部修正して10月以降に再開する意向を示した。

<編集部からのコメント>

野田政権は高い支持率でスタートしていますね。すでに閣僚の失言が問題になっていますが、支持率が全てを癒すわけで、ぜひ高い支持率を維持し、政治をスムーズに進めていって欲しいと思います。

さて新政権の住宅関連の施策としては、担当大臣から早速、住宅エコポイントとフラット35Sの再開の意向が示されています。もちろん住宅購入者からすればこういった支援策・優遇策が再開されることは悪いことではありません。

ですが。

ただでさえ大赤字・火の車の日本の財政事情を考えれば、本当に税金をつぎ込んでまでやるべきことなのか、税金をつぎ込まないといけないものなのかというのは検証する必要があるのではないかと思います。

住宅エコポイントは最大でも32万円ということで住宅の建築費用・購入費用からすれば極めてわずかですね。これにより新しい住宅需がを生み出されているとは思えませんし、住宅エコポイントがなくても、震災を契機に、ユーザーの節電意識は高まっていると思いますので、省エネ住宅の普及は確実に進んでいくと思います。

またフラット35Sについても、確かに金利優遇により申込件数が増えているかもしれませんが、全体の住宅の販売件数や、住宅ローンの残高が増えているわけではないことを考えれば、需要を喚起しているというよりは民間の住宅ローンを奪っているだけ、のようにも見えます。

もちろんそれぞれの住宅ローンが切磋琢磨して、住宅ローンを奪い合うこと自体は健全だし、ユーザーにとってもいいことだと思いますが、フラット35Sの場合はウラで税金が投下されるわけで、その税金を払うのは我々国民であって、何だか騙されているような気すらします。

うがった見方をすれば、フラット35をてこ入れすることで天下り先を支援しているようにも見えてしまいますねぇ。

どうせ住宅ローンを優遇するのであれば、「住宅ローン減税」のように、民間の住宅ローンもフラット35も全て対象にするようなものの方が健全だし、ユーザーにとってもメリットが大きいですね。

住宅エコポイントもフラット35Sもどちらかと言うと、リーマンショック後の景気後退に対処するための「景気対策」の側面が強かったと思います。その意義は否定しませんが、今は震災復旧・復興という、より優先順位の高い政治課題が出てきています。しかも繰り返しになりますが、日本の財政は火の車です。優先順位の見直しは必要なのではないでしょうか。

少なくとも、本当に効果があったのかどうか検証する必要はあるのでしょうね。

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちコンテンツ

トップページ
New! 2022年1月の住宅ローン金利比較・ランキング
New! 2022年1月のフラット35金利比較・ランキング
住宅ローン金利推移と住宅ローン金利動向について
住宅ローンシミュレーション(シュミレーション)について
住宅ローン審査の9大基準 落ちた理由は?対策は?
最新住宅関連ニュース :
住宅ローンの基本 :
地価動向について
住宅ローン減税/住宅ローン控除について

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちリンク

引越し業者一括見積もり
トップページ