最新の
今、最も人気の住宅ローンをご紹介します。

■トップページ > 住宅関連ニュース > 詳細記事

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

住宅ローン お役立ちコンテンツ

住宅ローン関連ニュース:
[速報!]イギリス国民投票の結果はEU離脱。
住宅ローン金利はどうなる?

このページでは、住宅ローンに関する各種ニュースや情報をご紹介します。今回取り上げるニュースはこちら。
2016年6月24日

今日は日本中の金融関係者が慌てふためいているのではないかと思います。と言うのもイギリスの国民投票の結果、「EU離脱」が決まったからですね。

投票直後の世論調査では「残留」が「離脱」を上回ったことから穏当な結果に終わるのかと思いましたが、民主主義とはそうすんなりいかないもので、蓋を開けてみれば僅差で「離脱」に決まった、ということです。

市場ではほとんど織り込まれていなかったと思いますので、日本の株価も為替市場も完全に狼狽しておりますが、NY、そしてロンドンの株式市場が開くにつれ影響はさらに拡大していくものと思います。

短期的にも中期的にも大きなリスク要因が現実のものとなりました。いやはや。

これでアメリカの大統領が「彼」となった暁にはさらなるリスクとなりそうです。ぜひここは穏当に「彼女」にがんばっていただきたいものです。

それはともかくとして、今回の国民投票の結果に直接的に影響を受けるのは上記の通り株式市場であり、為替市場です。逆に言えば日本の金利市場はそこまでダイレクトには影響を受けないとは思いますが、これを材料に「金利が上がるか下がるか」と聞かれれば間違いなく金利は下がります。

劇的にリスクが大きくなってしまった英ポンドやユーロから資金を退避させようと思えば米ドル、そして日本円が代替資産となってくるわけですが、日本円が買われれば円高になるほか、そのマネーの一部が国債に流れるとすると、国債価格上昇=金利低下につながっていきます。

何だか、風吹けば桶屋が・・・といったように聞こえますが、実際のところ6月24日17時現在、長期金利はマイナス0.195%と前日比で大きく低下しています。やはり「ユーロ離脱」という結果が日本の金利低下を引き起こしているわけですね。

さて7月の住宅ローン金利については以下のように予測しました。

>>>[2016年7月の住宅ローン金利予想]長期金利は大幅低下も英選挙の結果次第

つまり国民投票の結果が「残留」となれば、7月の住宅ローン金利は上昇する可能性もゼロではないと考えたわけですが、結果は「離脱」ということで・・・間違いなく低下するでしょうね。

日本経済としても、また世界の中の平和を愛する一市民としても、この投票結果は残念ですが、ただ少なくとも金利低下圧力になるという点では、住宅ローン利用者は数少ない「受益者」の1人と言えます。

さらに急激な円高・株安が進んでおりまして、今後、日銀が緊急的な金融緩和を実施するのであれば、新たな金利低下要因となります。

要するに今回の英国民投票によって日本の金利は短期的にも中期的にもさらに低下する可能性が高いということですね。

こういう結果になった以上、せめて住宅ローン金利は相応に低下してほしいものです。期待しておきたいと思います。

もちろんそれでも、住宅ローン金利がマイナスになる、ということはないとは思いますが。

参考になさってください。

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちコンテンツ

トップページ
New! 2022年1月の住宅ローン金利比較・ランキング
New! 2022年1月のフラット35金利比較・ランキング
住宅ローン金利推移と住宅ローン金利動向について
住宅ローンシミュレーション(シュミレーション)について
住宅ローン審査の9大基準 落ちた理由は?対策は?
最新住宅関連ニュース :
住宅ローンの基本 :
地価動向について
住宅ローン減税/住宅ローン控除について

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちリンク

引越し業者一括見積もり
トップページ