最新の
今、最も人気の住宅ローンをご紹介します。

■トップページ > 住宅関連ニュース > 来月の住宅ローン金利予想

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

住宅ローン お役立ちコンテンツ

[速報!2017年7月の住宅ローン金利]
三菱東京UFJ、みずほ、住信SBIネット銀行の金利は?

このページでは、各種報道から判明した来月の大手銀行の住宅ローン金利をまとめます。
2017年7月1日

長期金利は0.075%。欧米の金融緩和縮小観測を受けわずかに上昇。


■長期金利グラフ(グラフ期間:1年)




毎月大体残り3営業日くらいになってくると、各種報道によって翌月の大手銀行の金利が分かってきます。そこでそうした情報をわかりやすくまとめていきたいと思います。

ちなみに、すでに7月の住宅ローン金利の全体的な予測については以下の通りご案内しております。

>>>[2017年7月の住宅ローン金利予想] 概ね据え置きも、需要期に向けての利下げに期待

7月の住宅ローン金利は「概ね据え置きだが、住宅ローン需要期の到来を受け、積極的な銀行は金利を下げてくる可能性あり」と予想しました。

次に7月のフラット35の金利については以下の通り予測しております。

>>>[2017年7月のフラット35金利予想] 前月比+0.01% フラット35表面金利1.10%?

まとめるとこうですね。

 ・フラット20金利 : 1.01% → 1.04% (+0.03%上昇
 ・フラット35金利 : 1.09% → 1.10% (+0.01%上昇

こちらは多少上昇すると予想しました。

では本題に戻って7月の住宅ローン金利情報をまとめていくと、まず大手銀行のプライスリーダーである三菱UFJ銀行の金利はこういうことになります。

◆三菱UFJ銀行の2017年7月の住宅ローン金利(表面金利)

 ・変動金利 : 0.775% → 0.775% (据え置き)
 ・10年固定 : 0.750% → 0.700% (−0.05%低下

変動金利は「据え置き」である一方、10年固定金利は「−0.05%低下」となっています。

4月に10年固定金利を大幅に引き上げた三菱UFJ銀行ですが、5月には逆に大幅に引き下げ、6月には再び上昇させ、そして7月はまたまた引き下げるということで・・・全く足腰が定まりませんね。

上記の通り長期金利はこの数ヶ月概ね安定して推移しているわけですし、さらにこの1ヶ月に限って言えばわずかに上昇しています。この三菱UFJ銀行の市場金利の動きを全く無視した金利変動は理解に苦しみます。

先月も述べましたが、住宅ローンの手続きには1ヶ月弱かかることを思うと、三菱UFJ銀行の住宅ローンを利用しようとされている方にはこうした動きはいい迷惑ですね!何等かの都合があるのでしょうけれど、もう少し利用者の立場にたった運営を期待したいと思います・・・。

なお上記は表面金利であり保証料(+0.2%)込みではこのようになります。

◆三菱UFJ銀行の2017年7月の住宅ローン金利(実質金利)

 ・変動金利 : 0.975% → 0.975% (据え置き)
 ・10年固定 : 0.950% → 0.900% (−0.05%低下

他の大手銀行が「利下げ」で追随するのかどうか気になるところですが、みずほ銀行の7月の金利はこうなっています。こちらは最初から保証料(+0.2%)込みの実質金利でいきましょう。

◆みずほ銀行の2017年7月の住宅ローン金利(実質金利)

 ・変動金利 : 0.800% → 0.800% (据え置き)
 ・10年固定 : 1.025% → 1.025% (据え置き)

こちらは変動金利も10年固定金利も「据え置き」ということですね・・・つまりはメガバンク間でも足並みが乱れているということです。その原因はもちろん三菱UFJ銀行の奇異な金利決定にあるのだと思いますが。

最後に当サイトで人気の住信SBIネット銀行の金利はこうなります。

◆住信SBIネット銀行の2017年7月の住宅ローン金利(実質金利)

 ・変動金利 : 0.444 → 0.444% (据え置き)
 ・10年固定 : 0.660% → 0.660% (据え置き)
 ・20年固定 : 1.010% → 1.010% (据え置き)

>>>住信SBIネット銀行の最新金利はこちら

こちらも主要金利については「据え置き」ということですね。

となると消極的なのか?という印象を受けるかもしれませんが、住信SBIネット銀行はすでに6月に変動金利を従来の0.447%から0.444%に引き下げていますね。その点ではこの3行の中では最も積極的と言えそうです。

というわけで上記3銀行の金利を見る限り、7月の住宅ローン金利は概ね「据え置きもしくは若干の引き下げ」ということになりそうです。予想としては繰り返しになりますが「概ね据え置きだが、住宅ローン需要期の到来を受け、積極的な銀行は金利を下げてくる可能性あり」としているわけですが、果たしてどうなるでしょうか?

なお、すでに7月の住宅ローン金利が発表されておりますので、上記3銀行の7月の金利は確定です。

ではここで2015年1月からの長期金利と上記銀行の10年固定金利の変遷を振り返るとこのようになります。



概ね連動しているわけですが・・・ただ、やはり三菱UFJ銀行を筆頭に最近ではややその相関関係が崩れてきているようです。「他の住宅ローン金利が上がっているのに下がっている」分には問題ありませんが、「他の住宅ローン金利が下がっているのに上がっている」となると要注意ですね。

意識して各銀行の金利動向をチェックしていく必要がありそうです。

参考になさってください。

みなさんが7月も最高の住宅ローンに出逢えることを祈っております。

<日本住宅ローンプランニング編集部>

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちコンテンツ

トップページ
New! 2022年1月の住宅ローン金利比較・ランキング
New! 2022年1月のフラット35金利比較・ランキング
住宅ローン金利推移と住宅ローン金利動向について
住宅ローンシミュレーション(シュミレーション)について
住宅ローン審査の9大基準 落ちた理由は?対策は?
最新住宅関連ニュース :
住宅ローンの基本 :
地価動向について
住宅ローン減税/住宅ローン控除について

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちリンク

引越し業者一括見積もり
トップページ