最新の
今、最も人気の住宅ローンをご紹介します。
ランキングは読者のクリック数でカウントしています。

■トップページ > 住宅関連ニュース > 詳細記事

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

住宅ローン お役立ちコンテンツ

住宅ローン関連ニュース:
みんな何年で返した?住宅ローンの平均借入期間と驚きの平均完済期間!

このページでは、住宅ローンに関する各種ニュースや情報をご紹介します。
2018年1月8日

住宅ローンと言えば「30年」や「35年」の借り入れ期間のイメージがあるのではないでしょうか?借り入れ時に、「返し終わるのは70代か・・・。」とガックリきた経験をされた方は少なくないと思います。

では実際に住宅ローンの平均借入期間はどうなっているのかと言うと、住宅金融支援機構が発表した「民間住宅ローンの貸出動向調査」によればこうなっています。



最新の2016年度の数字を抜き出すとこのような割合になっています。

・10年以下 : 0.9%
・15年以下 : 3.9%
・20年以下 : 14.0%
・25年以下 : 27.5%
・30年以下 : 40.6%
・35年以下 : 13.1%

「30年以下≒30年」「35年以下≒35年」とすると、「30年以上」の借り入れ期間で借りている人が過半数となり、冒頭の「住宅ローンと言えば30年や35年」というイメージは概ね正しいことが分かります。

また「25年以下≒25年」とすると、「25年以上」の借り入れ期間のシェアは全体の8割を超えてきます。実際、2016年度の借り入れ期間の平均は「25.6年」ということですから、やはり長いですね。

こうした数字だけを見れば「定年後も住宅ローンが続く」ということになりますが、どうやら実際にはそういうわけではなさそうです。と言うのも同じ「民間住宅ローンの貸出動向調査」で発表されている住宅ローンの「完済期間」を見てみるとこうなっているからですね。



・10年以下 : 33.1%
・15年以下 : 30.5%
・20年以下 : 17.2%
・25年以下 : 10.6%
・30年以下 : 8.6%
・35年以下 : −

「完済」とは文字通り、住宅ローンを完全に返済し終わるということですね。こちらの年数は上記「借り入れ期間」と比べると圧倒的に短いことが分かります。その理由は・・・多くの人が「借り換え」や「繰り上げ返済」によって前倒しで返済してしまうからですね。

しかし多少なりとも前倒しで返済できることはあり得ても、多くの方が「10年以下」や「15年以下」という短い期間で返し終えてしまうという結果はやはり驚きです。実際、2016年の平均完済期間は「15.0年」となっており、平均借入期間である「25.6年」と比べれば実に10年以上短縮されていることが分かります。40歳で住宅ローンを借りた場合、55歳で住宅ローンが終わる計算ですね!素晴らしい。

もちろん、この中には「借り換え」も含まれておりますので全員が全員、「15.0年」で返済し終えるわけではありませんが、ただ「借り入れ期間」の中にも「借り換えローン」が含まれていることを勘案すれば、「25.6年→15.0年」=「当初の借り入れ期間の6割程度の期間で完済している」のは間違いなさそうですね。

というわけで既に結論が出ておりますが、念のため「借り換え」を省いた「本当の完済期間」を計算してみたいと思います。そのためには住宅ローンの貸し出しの中の「借り換え」の割合を知る必要がありますが、幸いなことにこちらも「民間住宅ローンの貸出動向調査」からわかります。こうなっています。



2016年度で見れば、新規貸出額に占める借り換えの割合は「25.9%」ということになります。

次に借り換えの場合の平均借入期間を調べてみたいと思います。同じく住宅金融支援機構の「民間住宅ローン借換の実態調査」によれば「借り換えまでの経過年数」はこのようになっています。



どの金利タイプも「0〜5年」で50%近い割合となっており、「中間値」は5〜6年、「平均値」は6〜7年といった感じとなるでしょうか?

仮に借り換えの平均経過年数が7年とすると、知りたい答えは「25.9%の借り換え客の平均完済期間が7年である場合、残り74.1%の完済客の平均完済期間が何年だと、全体の平均完済期間が15.0年になりますか?」という方程式を解けばよいということですから、とっとと計算するとこうなります。

・17.8年

つまり借り換えの影響を除いた平均完済期間は「17.8年」ということですね!40歳で借りた住宅ローンを約58歳で完済できるということですからすばらしい返済ペースだと言えます。

ちょうど教育費がかさみ、家計が赤字になりがちな時期ですからなおさらですね!

ただもちろん、「自然体で返済していれば約18年で返済できた」と言うような甘いものではなく、しっかりした資金計画と、強い返済意思の賜物だと思いますので、早期完済を目標にされる方はそうした「返済努力」も見習っていただければと思います。

加えて、これから住宅ローンを借りようとされる方がこの結論だけを取り上げて「18年で返せるんだ。」という楽観的な見通しをもってしまうのはあまりよろしくありませんね。むしろ「30年前後の住宅ローンでも18年前後で返せてしまうくらい堅実な人が住宅ローンを利用している」と考えていただくのが良さそうです。

住宅ローン利用者のみなさんが1日も早く、住宅ローンの重圧から解放されることを祈っています。参考になさってください。

<日本住宅ローンプランニング編集部>

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちコンテンツ

トップページ
New! 2018年10月の住宅ローン金利比較・ランキング
New! 2018年10月のフラット35金利比較・ランキング
住宅ローン金利推移と住宅ローン金利動向について
住宅ローンシミュレーション(シュミレーション)について
住宅ローン審査の9大基準 落ちた理由は?対策は?
最新住宅関連ニュース :
住宅ローンの基本 :
地価動向について
住宅ローン減税/住宅ローン控除について

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちリンク

引越し業者一括見積もり
トップページ