最新の
今、最も人気の住宅ローンをご紹介します。

■トップページ > 住宅関連ニュース > 詳細記事

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

住宅ローン お役立ちコンテンツ

住宅ローン関連ニュース:
住宅ローン審査の所要日数は?審査手法の違いは?重視項目は?機構調査

このページでは、住宅ローンに関する各種ニュースや情報をご紹介します。
2019年1月17日

さて今回は久しぶりに住宅ローン審査について取り上げてみたいと思います。出典は先日と同じく住宅金融支援機構が発表した「民間住宅ローンの貸出動向調査」ですが、まず本審査の所要期間はこのようになっています。



平均3.2営業日ということで意外と短いですね!「あんなに待たされたのは一体何だったんだ」と思われる方もおられるかもしれませんが、こちらはあくまで書類が揃った上での「審査期間のみ」の調査であることに加え、その内訳をみると結構バラつきがあります。

具体的には「1営業日」から「8営業日以上」まで回答は分散しており、金融機関によって相当差があることが示唆されています。

またもちろん、同じ金融機関でも閑散期か繁忙期かによっても大きく異なると思います。申込件数によって審査スタッフを増やすわけにもいきませんので当然ですね。

その点ではこの調査のポイントは「平均3.2営業日」ではなく、「8営業日以上かかるところもある」ということかもしれません。

次に審査手法の違いによっても調査されていまして、回答結果はこのようになっています。



こちらも回答結果のバラつきが目立ちますね。審査実施部門については、自らやっている金融機関もあれば、保証期間に丸投げしているところもあるということです。

また信用機関等の外部信用スコアについても導入しているところもあれば、導入していないところもあるということですね。

しかし個人的に一番印象深いのが、2つ目の「審査金利で審査しているか、貸出金利で審査しているか」という調査で、こちらも4割が「審査金利」、3割が「貸出金利」と回答が分かれています。

審査金利とは、例えば貸出金利が1%でも、今後の金利上昇に備えて2%や3%などの割高な金利を使う審査手法です。当然、貸出金利で審査するより厳しくなります。つまりこの回答結果は「審査が甘い金融機関と審査が厳しい金融機関がある」ということを明確に示しているのですね!

「1つの金融機関で審査が通らなくても気にせず別のところを受ければいい」というのは、こうした審査手法の違いを加味すれば当然です。

では次に「最近、重視度が増している項目」についての調査結果はこうなっています。



返済負担率=毎月返済額/月収の割合について、より重視されている≒厳しくなっているということですね。もしこれに引っ掛かったと思われる方は、配偶者などに連帯保証してもらって月収を増やすか、頭金を増やしたり物件のグレードを下げることで毎月の返済額を減らしていただければと思います。

次の「職種、勤務先、雇用形態」については如何ともしがたいですが・・・。

ただこちらもポイントとしては「バラつきがある」ということかもしれません。1位の返済負担率についても重視度が増していると回答した金融機関は6割にとどまりますし、2位以下は4割や3割という回答シェアですね。

とするとやはり金融機関によって審査結果が異なるということは容易に起こりそうですね。

では最後に審査内容や基準が厳しくなったかどうかという質問への回答結果はこうなっています。



全体の回答結果をまとめるとこうなります。

・厳格化した : 3.9%
・ほぼ同じ : 92.0%
・緩和した : 4.1%

ただそうは言いつつ、厳格化したと回答した金融機関はわずかですね。これは「全体的には住宅ローン審査に対して積極姿勢が維持されている」と解釈して良いかと思います。

是非こうした積極姿勢が続いている間に借入や借換の検討を進めていただければと思います。

また繰り返しになりますが、審査手法や中身はかなりバラつきがありそうですので、より良い条件を求めるためにも、審査に落ちて慌てないためにも、「複数の銀行に申し込んでおく」のは住宅ローン攻略の「鉄則」と言えそうですね。

参考になさってください。

<日本住宅ローンプランニング編集部>

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちコンテンツ

トップページ
New! 2019年10月の住宅ローン金利比較・ランキング
New! 2019年10月のフラット35金利比較・ランキング
住宅ローン金利推移と住宅ローン金利動向について
住宅ローンシミュレーション(シュミレーション)について
住宅ローン審査の9大基準 落ちた理由は?対策は?
最新住宅関連ニュース :
住宅ローンの基本 :
地価動向について
住宅ローン減税/住宅ローン控除について

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちリンク

引越し業者一括見積もり
トップページ