最新の
今、最も人気の住宅ローンをご紹介します。

■トップページ > 住宅関連ニュース > 詳細記事

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

住宅ローン お役立ちコンテンツ

住宅ローン関連ニュース:
国土交通省の民間住宅ローン実態調査2019年版 金利タイプランキングは?

このページでは、住宅ローンに関する各種ニュースや情報をご紹介します。
2019年3月25日

住宅ローンの金利タイプのシェアに関する調査について信頼できるものはいくつかあります。ざっとチェックしていくと、まず1つ目は国土交通省が住宅購入者に対してアンケート調査を行ったものでこのようになっています。



変動金利型のシェアがずっと6割前後を維持しているという結果ですね。

2つ目は一般社団法人住宅生産団体連合会が発表した「2017年度戸建注文住宅の顧客実態調査」です。あくまで注文住宅購入者の方々のデータとなりますが、その金利タイプはこのようになっています。



2015年度から2016年度にかけて一旦変動金利型のシェアが下がった一方で、2017年度は再び上昇し、こちらも変動金利型のシェアが約6割となっています。

3つ目は一般社団法人不動産流通経営協会の「不動産流通業に関する消費者動向調査」ですね。このようになっています。


最新のデータは「2018年度」となっていますが、実際には2017年3月期に関する調査結果です。

こちらも2015年度から2016年度にかけて変動金利型のシェアが下がった一方で、2017年度は再び約6割に戻っています。

4つ目は住宅金融支援機構が「民間住宅ローンの貸出動向調査」でこのようになっています。



こちらも、2016年度に一旦シェアが下がった変動金利型が、2017年度には再び6割超えですね。

そうしたわけでこれらの調査が共通して示しているのは変動金利型の人気の復調です。

では前置きが長くなりましたが、今回取り上げる国土交通省の「平成30年度民間住宅ローンの実態に関する調査」ではどうなったのかチェックしてみたいと思います。

この調査は1,303の金融機関から回答を得たものですのでかなり正確な情報であるのは間違いありません。

その中で気になる「金利タイプ別の実績」はこのようになっています。



「変動金利型のシェアは復調し6割ですね!」とまとめようと思いましたが・・・意外と5割にとどまっていますね!前年度からも「微増」に留まっています。うまくまとまりませんでした・・・。

ただ内訳を見てみるときちんと残高も計算しているようで特に違和感はない数字となっています。



なぜこのような違いが生まれるのでしょうね?真相はよく分かりませんが、とは言いつつこの国土交通省の調査結果も含めて全ての調査が共通して示しているのは、金利タイプランキングの中で断トツに人気なのは「変動金利型」であり、その次は「固定金利期間選択型」である、ということですね。

長引く低金利やイールドカーブコントロールなどの日銀の金融緩和策によって、金利上昇リスクがほぼゼロとなっている状況では、より金利が低い「変動金利型」や「固定金利期間選択型」が人気となるのも当然です。

もちろん、人気の金利タイプ=自分にとってベストな金利タイプ、ということではありませんが参考になさってください。

上記の通り信頼できる金利タイプランキングのデータはいくつかありますので、そうしたデータが更新されるたびに当サイトでも積極的に情報発信していきたいと思います。

<日本住宅ローンプランニング編集部>

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちコンテンツ

トップページ
New! 2019年7月の住宅ローン金利比較・ランキング
New! 2019年7月のフラット35金利比較・ランキング
住宅ローン金利推移と住宅ローン金利動向について
住宅ローンシミュレーション(シュミレーション)について
住宅ローン審査の9大基準 落ちた理由は?対策は?
最新住宅関連ニュース :
住宅ローンの基本 :
地価動向について
住宅ローン減税/住宅ローン控除について

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちリンク

引越し業者一括見積もり
トップページ