最新の
今、最も人気の住宅ローンをご紹介します。
ランキングは読者のクリック数でカウントしています。

■トップページ > 住宅関連ニュース > 詳細記事

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

住宅ローン お役立ちコンテンツ

住宅ローン関連ニュース:
2018年10月〜12月期の住宅ローンとフラット35の新規貸出額は減った?増えた?

このページでは、住宅ローンに関する各種ニュースや情報をご紹介します。
2019年4月4日

4月となり、2019年度を迎えました。新しい年号も決まり、筆者も含め気持ちを新たにされている方は少なくないと思います。

このタイミングで住宅ローンも一新しよう・・・と連想している方はいないかもしれませんが、ただ秋に消費税増税を控え、さらに市場金利が大きく低下するなど、住宅ローン市場に追い風が吹いているのは事実です。

最近の長期金利の動向をチェックしてみると、2018年10月ごろから低下をはじめ、足元では大幅なマイナス水準まで低下していますね!



背景にあるのは、ここまで好調を維持してきた世界経済の減速・後退懸念ですね。

加えてアメリカの中央銀行であるFRBが「年内の利上げ停止」を発表したことも金利低下圧力になっているものと思います。

こうした状況が短期間で一変することはなさそうですので、足元の金利低下局面はしばらく続きそうですが、ただ「金利上昇要因」として押さえておかないといけないのは、2018年7月末に日銀が長期金利の「上限」を従来の0.1%から0.2%に引き上げたことです。

実際、2018年7月から9月の3ヶ月は、長期金利は日銀の思惑通り緩やかに上昇を続け、0.15%を超える水準まで上昇しました。もし再び金利上昇局面となれば、長期金利は0.2%まで上昇する可能性が高いということですね。

その場合、住宅ローン金利は今の水準から+0.3%程度上昇することになりますのでご注意ください。

さてそのように金利が動き始めた中で、住宅ローンの貸し出し状況がどうなっていくか興味が湧くわけですが、そうした「住宅ローン人気」をタイムリーに知ることができるデータが、住宅金融支援機構が3ヶ月に1回発表する「業態別の住宅ローン新規貸出額」調査です。その最新版=2018年10月〜12月期の結果が発表されていますので早速チェックしてみるとこうなっています。



上記の通り10月〜12月というのは長期金利も住宅ローン金利も低下傾向にあったわけですが、全体としてはこのようになっています。

・2018年10月〜12月期住宅ローン新規貸出額:4兆9,767億円(前年同期比−3.5%)

前年同期比では約−4%のマイナスということですね・・・。

2016年のマイナス金利発動に伴う住宅ローンブームの反動もあるとは思いますが、新規借り入れ需要にしても借り換え需要にしても徐々に落ち着いてきている感じがします。

人口の減少傾向を考えれば当然かもしれませんが、金融機関にとっては頭の痛い問題となりそうです。

ちなみに貸出額1,000億円以上の主要業態では上半期の結果はこういうことになります。

・国内銀行 : −4.9%
・信用金庫 : −7.8%
・労働金庫 : +16.1%
・住宅金融支援機構 : −10.7%

いつものようになぜか労働金庫が増加していますが、それ以外はやはり全体的に苦戦していますね。特にフラット35(住宅金融支援機構)は1割超の減少ですから「大苦戦」と言えそうです。

ではこれまでの新規貸出額の推移をチェックしてみるとこうなります。



ただこのように時系列で並べてみると今回の2018年10月〜12月期がものすごく悪かったという感じではないですね。確かに前年より減少していますが、2014年や2015年の同期実績と比べるとそれらを上回っていることが分かります。

とすると現時点では今後の住宅ローン需要の後退についてまだそこまで悲観的になる必要はないのかもしれません。いずれにしても住宅ローン利用者としてはあまり関係ない話ではありますが・・・。

では次にフラット35の貸出額と長期金利の推移をチェックしてみるとこうなります。



2018年10月以降、長期金利もフラット35の金利も低下したことを踏まえればやや物足りない結果に終わったと言えるかもしれません。2015年の10月〜12月期実績=5,959億円も下回っていますからね。

2017年10月から金利表記が「団信料込み」となり、見た目の金利が上昇したことも影響しているのでしょうか。

ただそうは言いつつ足元の長期金利は今回の調査対象期間当時よりさらに大きく低下しています。この「マイナス金利」がいつまで続くかは分かりませんが、フラット35の人気がどこまで回復するのか注目ですね!

参考になさってください。

<日本住宅ローンプランニング編集部>

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちコンテンツ

トップページ
New! 2019年5月の住宅ローン金利比較・ランキング
New! 2019年5月のフラット35金利比較・ランキング
住宅ローン金利推移と住宅ローン金利動向について
住宅ローンシミュレーション(シュミレーション)について
住宅ローン審査の9大基準 落ちた理由は?対策は?
最新住宅関連ニュース :
住宅ローンの基本 :
地価動向について
住宅ローン減税/住宅ローン控除について

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちリンク

引越し業者一括見積もり
トップページ