最新の
今、最も人気の住宅ローンをご紹介します。

■トップページ > 住宅関連ニュース > 詳細記事

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

住宅ローン お役立ちコンテンツ

住宅ローン関連ニュース:
最新の住宅ローン金利タイプランキングは?住宅金融支援機構の実態調査2019年6月版

このページでは、住宅ローンに関する各種ニュースや情報をご紹介します。
2019年7月4日

いつもご案内しているように住宅ローン金利タイプのシェア=ランキングに関する調査について信頼できるものはいくつかあります。それらをご紹介していくと、まず1つ目は一般社団法人住宅生産団体連合会が発表した「2017年度戸建注文住宅の顧客実態調査」です。あくまで注文住宅購入者の方々のデータとなりますが、その金利タイプはこのようになっています。



2015年度から2016年度にかけて一旦変動金利型のシェアが下がった一方で、2017年度は再び上昇し、変動金利型のシェアは約6割となっています。

2つ目は一般社団法人不動産流通経営協会の「不動産流通業に関する消費者動向調査」ですね。このようになっています。


最新のデータは「2018年度」となっていますが、実際には2017年3月期に関する調査結果です。こちらも2015年度から2016年度にかけて変動金利型のシェアが下がった一方で、2017年度は再び約6割に戻っています。

3つ目は住宅金融支援機構の「民間住宅ローンの貸出動向調査」でこのようになっています。



こちらも、2016年度に一旦シェアが下がった変動金利型が、2017年度には再び6割超えですね。そうしたわけでこれらの調査が共通して示しているのは変動金利型の人気の復調です。

4つ目は国土交通省の「平成30年度民間住宅ローンの実態に関する調査」でこのようになっています。



こちらは変動金利型のシェアは前の3つと違いここ数年で大きな変化がなく、5割にとどまっています。なぜこのような違いが生まれるのでしょうね?

5つ目は、同じく国土交通省による「平成30年度住宅市場動向調査」でこのようになっています。



こちらは平成30年度=2019年3月期の調査となっていますが、変動金利型のシェアが過去8年間ほぼ変化なくずっと6割前後を維持しているという結果ですね。これまた前半3つの調査結果とは微妙に異なり、調査結果にもしかすると何かの問題を抱えているような気もしなくはないですが、ただそれでも各調査が共通しているのは

・金利タイプランキングの中で断トツに人気なのは変動金利型

・その次は固定金利期間選択型

という点ですね。

さて、これらの調査のほとんどが2018年3月末時点のものにとどまり、2018年4月以降の住宅ローン金利タイプのシェア=ランキングの動向が気になるところですが、この度、住宅金融支援機構が発表した「民間住宅ローンの実態調査」によると、

・2018年4月〜2018年9月=2018年度上半期

・2018年10月〜2019年3月=2018年度下半期

に住宅ローンを借りた合計3,000名のアンケート結果はこのようになっています。



過去3年の長期金利の推移をチェックすると、基本的には0.05%程度で安定的に推移してきましたが、2018年8月から上昇に転じた後、2018年10月から一転して大きく低下している状況です。



とすると、2018年8月から10月のごく短い期間を除いては、住宅ローン利用者の方々の金利上昇懸念が広がる状況にはなく、むしろ足元ではそうした懸念は大きく後退しているものと思いますが、それを現すように上記調査結果では変動型の人気が徐々に拡大し、2018年下半期にはついにシェアが6割を超えているということですね!

各年度の「第1回調査」の数字を比較すると2015年度からの金利タイプのシェアはこのように推移しています。

・変動金利型 : 35.8% → 49.2% → 50.4% → 57.0%

・固定期間選択型 : 26.3% → 36.9% → 36.9% → 25.3%

・全期間固定型 : 38.0% → 13.9% → 12.6% → 17.7%

やはり変動金利型のシェアが右肩上がりで増加しています。

2015年以前の「調査会社A社」の数字は正直デタラメで信憑性は全くありませんせしたが、住宅金融支援機構もようやく心を入れ替えたのか、その後は納得できる調査結果を発表するようになっていますね。

ちなみに回答者の方の「今後1年間の住宅ローン金利見通し」はこうなっています。



やはり半年前と比較して「現状よりも住宅ローン金利が上昇する」と回答している方は、どの金利タイプを見ても大きく減少しています。

足元の長期金利の動向や、金融政策が世界的に緩和=金利引き下げの方向に傾きつつあること、そして依然低いインフレ率などを考慮すれば、当面金利低下は続きそうであり、より金利の低い変動金利型の人気が高まるのは当然のような気もしますが、参考になさってください。

<日本住宅ローンプランニング編集部>

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちコンテンツ

トップページ
New! 2019年11月の住宅ローン金利比較・ランキング
New! 2019年11月のフラット35金利比較・ランキング
住宅ローン金利推移と住宅ローン金利動向について
住宅ローンシミュレーション(シュミレーション)について
住宅ローン審査の9大基準 落ちた理由は?対策は?
最新住宅関連ニュース :
住宅ローンの基本 :
地価動向について
住宅ローン減税/住宅ローン控除について

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちリンク

引越し業者一括見積もり
トップページ