最新の
今、最も人気の住宅ローンをご紹介します。

■トップページ > 住宅関連ニュース > 詳細記事

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

住宅ローン お役立ちコンテンツ

住宅ローン関連ニュース:
2019年10月〜12月期の住宅ローンとフラット35の新規貸出額は減った?増えた?

このページでは、住宅ローンに関する各種ニュースや情報をご紹介します。
2020年6月4日

今年の住宅ローン市場の最大のハイライトは「コロナ禍」ということになるのでしょうけれど、昨年の住宅ローン市場の最大のハイライトは10月の消費税増税でした。増税対策として

・住宅ローン減税の拡充

・すまい給付金の増額

・住宅エコポイントの復活

が実施され、ほとんどの方にとっては「増税後に家を買った方がお得」という状況ではありましたが、しかし一定の「駆け込み需要」は起こったようです。とすると10月以降の住宅ローンの貸し出しはスローダウンしているのは間違いなさそうですね。

では実際に住宅ローンの貸し出し状況がどうなっていたのかと言うと、そうした「住宅ローン需要」をタイムリーに知ることができるデータが、住宅金融支援機構が3ヶ月に1回発表する「業態別の住宅ローン新規貸出額」調査です。その最新版=2019年10月〜12月期の結果が発表されていますので早速チェックしてみるとこうなっています。



抜き出すとこうですね。

・2019年10月〜12月期住宅ローン新規貸出額:4兆9,611億円(前年同期比−0.5%)

前年同期比では約−0.5%のマイナスということで・・・マイナスはマイナスでしたが、そこまで大きな減少幅ではなかったのですね!意外です。

ちなみに主要業態では10月〜12月期の結果はこういうことになります。

・国内銀行 : +0.5%
・信用金庫 : −0.9%
・労働金庫 : −9.5%
・住宅金融支援機構 : +1.1%

さらに意外なのは、国内銀行と住宅金融支援機構についてはむしろ前年同期比でプラスとなっているのですね!

この結果だけを見ると「反動減」はあまりなかったということになりそうですね。

これまでの新規貸出額の推移をグラフ化するとこうなります。



前期である7−9月期と比較すると確かに大きく減少しているものの、過去の同期と比較してもそこまで下がっていません。「反動減」を再びマイナス水準まで下がった低金利が補った、ということですかね。

フラット35の貸出額と長期金利の推移をチェックしてみるとこうなります。



フラット35もほぼ同様の動きですね。やはり低金利がカバーしてくれたということですかね。

ただ足元では上記の通りコロナ禍によって住宅ローン需要は大きく後退しているのではないかと思います。新しいデータが出てきたらご案内させていただきます。

参考になさってください。

<日本住宅ローンプランニング編集部>

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちコンテンツ

トップページ
New! 2020年7月の住宅ローン金利比較・ランキング
New! 2020年7月のフラット35金利比較・ランキング
住宅ローン金利推移と住宅ローン金利動向について
住宅ローンシミュレーション(シュミレーション)について
住宅ローン審査の9大基準 落ちた理由は?対策は?
最新住宅関連ニュース :
住宅ローンの基本 :
地価動向について
住宅ローン減税/住宅ローン控除について

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちリンク

引越し業者一括見積もり
トップページ