最新の
今、最も人気の住宅ローンをご紹介します。

■トップページ > 住宅関連ニュース > 詳細記事

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

住宅ローン お役立ちコンテンツ

住宅ローン関連ニュース:
上昇地区の割合は73%から1%に大きく減少。地価LOOKレポート2020年8月版

このページでは、住宅ローンに関する各種ニュースや情報をご紹介します。
2020年8月27日

何度もご案内しているように住宅価格の上昇傾向が続いていますね。国土交通省の最新の不動産価格指数はこうなっています。



赤の線が総合指数で7年以上右肩上がりで上昇していることが分かりますが、その理由はもちろん緑の線で示されたマンション価格の上昇に伴うものですね。マンション価格は従来100だったものが現在は約150ですから、1.5倍になっていることが分かります!

逆に黄色で示された住宅地や青で示された戸建て住宅はこの10年で全く上昇していないことが分かります。その点では宅地や戸建ての方が「お買い得」ということになりそうです。もちろん個別には「割安なマンション」や「割高な戸建て」もあるのでしょうけれど。

この「マンションバブル」がいつ破裂するのか気になっていたのですが、今般のコロナ禍で多少は下がるのでしょうね。個人的には少しは下がった方がいいのかなと思います。

ただコロナ禍の中でも株価が堅調に推移していることを勘案すれば、マンション価格が 「もとの100に戻っていく」ということはなさそうです。

そうした今後のマンション価格の動向を占う意味でも有用なのが、本題の国土交通省の「地価LOOKレポート」です。あくまで地価のデータではありますが、不動産価格は「建物価格+地価」に分解できますので、地価動向≒不動産価格動向と解釈できます。

またこの地価LOOKレポートの正式名称は「主要都市の高度利用地地価動向報告」ですが、マンションは概ねこの「高度利用地」に建てられるのだとすれば相関性も高そうですね。

加えて毎回ご案内しているように、この調査では対象地区が

・東京圏43地区
・大阪圏25地区
・名古屋圏9地区
・地方中心都市等23地区

と全国にバランスよく配分されているのが特徴です。そのため3大都市圏のみならず全国の動向が把握できることに加え、「1年に1回」が多い他の主要な地価調査と違って3ヶ月に1回調査されており、発表も早く、地価をタイムリーに把握できる点も魅力ですね!

では早速、その最新版=2020年第2四半期=2020年4月〜2020年6月のデータをチェックしたいと思います。値上がり・値下がりの分布を1年前、9ヶ月前、6ヶ月前、3ヶ月前の調査と比較するとこのようになっています。

・上昇地区 : 97 → 97 → 97 → 73 → 1
・横ばい  : 3 → 3 → 3 → 23  61
・下落地区 : 0 → 0 → 0 → 4 → 38

過去1年間、ほとんどの地区が上昇していたわけですが、今回は様相が大きく変わり上昇地区はついに1にまで減少ということですね!逆に横ばい地区が61、そして下落地区が38となっています。

コロナの影響がはっきり出ていますね・・・。発表されているグラフを見るとこのようになっています。



やはりこれまでと明らかに状況が変わっていますね。

ちなみに残っている上昇地区はと言うと・・・

・仙台市/中央1丁目

でした。何ででしょう?まぁこれも時間の問題かもしれませんが・・・。

これから住宅の購入を検討されている方はこうした地価の動向にもご注目ください。

特にマンション価格については今まで高騰が続いていただけに下がるのかどうか気になるところですね。繰り返しになりますが個人的には多少は下がった方がいいとは思いますが。

参考になさってください。

<日本住宅ローンプランニング編集部>

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちコンテンツ

トップページ
New! 2020年10月の住宅ローン金利比較・ランキング
New! 2020年10月のフラット35金利比較・ランキング
住宅ローン金利推移と住宅ローン金利動向について
住宅ローンシミュレーション(シュミレーション)について
住宅ローン審査の9大基準 落ちた理由は?対策は?
最新住宅関連ニュース :
住宅ローンの基本 :
地価動向について
住宅ローン減税/住宅ローン控除について

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちリンク

引越し業者一括見積もり
トップページ