最新の
今、最も人気の住宅ローンをご紹介します。

■トップページ > 住宅関連ニュース > 詳細記事

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

住宅ローン お役立ちコンテンツ

住宅ローン関連ニュース:
2020年1月〜3月期の住宅ローンとフラット35の新規貸出額は減った?増えた?

このページでは、住宅ローンに関する各種ニュースや情報をご紹介します。
2020年9月8日

今年の住宅ローン市場の最大のハイライトはやはり「コロナ禍」ですね。影響が顕在化し始めたのは2〜3月ですが、それ以降はやはり住宅ローンの新規貸し出しも減少しているのではないかと思います。

では実際に住宅ローンの貸し出し状況がどうなっていたのかと言うと、そうした「住宅ローン需要」をタイムリーに知ることができるデータが、住宅金融支援機構が3ヶ月に1回発表する「業態別の住宅ローン新規貸出額」調査です。その最新版=2020年1月〜3月期の結果が発表されていますので早速チェックしてみるとこうなっています。



残念ながら今回は2019年度の結果にフォーカスが当たっているのか肝心の2020年1月〜3月期の結果がよく分かりませんでしたので、元データをチェックするとこういうことのようです。

・2020年1月〜3月期住宅ローン新規貸出額:6兆1,794億円(前年同期比+0.1%)

前年同期比では+0.1%の増加ということで・・・コロナ禍であったり、消費税増税の反動減などを考慮すれば意外に好調な結果だったということですね。

ちなみに主要業態では1月〜3月期の結果はこういうことになります。

・国内銀行 : +2.1%
・信用金庫 : +1.0%
・労働金庫 : −15.8%
・住宅金融支援機構 : +2.1%

全体的にプラスだったということですが、ここでも意外なのは、今まで好調だった労働金庫が大きく新規貸出を減らしているということですね!何があったのでしょうか。

これまでの新規貸出額の推移をグラフ化するとこうなります。



やはり好調ですね。好調すぎてちょっと不思議なくらいです。久しぶりのマイナス金利の影響が大きかったのですかね?

フラット35の貸出額と長期金利の推移をチェックしてみるとこうなります。



フラット35もほぼ同様の動きです。やはりマイナス金利がカバーしてくれたということですかね。

ただ足元では上記の通りコロナ禍によって住宅ローン需要は大きく後退しているのではないかと思います。新しいデータが出てきたらご案内させていただきます。

参考になさってください。

<日本住宅ローンプランニング編集部>

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちコンテンツ

トップページ
New! 2020年10月の住宅ローン金利比較・ランキング
New! 2020年10月のフラット35金利比較・ランキング
住宅ローン金利推移と住宅ローン金利動向について
住宅ローンシミュレーション(シュミレーション)について
住宅ローン審査の9大基準 落ちた理由は?対策は?
最新住宅関連ニュース :
住宅ローンの基本 :
地価動向について
住宅ローン減税/住宅ローン控除について

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちリンク

引越し業者一括見積もり
トップページ