最新の
今、最も人気の住宅ローンをご紹介します。

■トップページ > 住宅関連ニュース > 詳細記事

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

住宅ローン お役立ちコンテンツ

住宅ローン関連ニュース:
機構調べの住宅ローン金利タイプランキング2020年版 あの金利が人気アップ!

このページでは、住宅ローンに関する各種ニュースや情報をご紹介します。
2020年12月28日

先日のコラムでもご案内したように、住宅ローンの金利タイプのシェア=ランキングに関する調査について信頼できるものはいくつかあります。

>>>住宅ローン金利タイプランキング、当サイトお勧めタイプは何位?FRK2020年調査

再掲するとこういう感じですね。

まず1つ目は国土交通省が金融機関にヒアリングした調査結果で、このようになっています。



ただこれは2018年度=2019年3月期の調査結果となりますので少し古いですね。

2つ目は国土交通省が住宅購入者に対してアンケート調査を行ったもので、このようになっています。



3つ目は一般社団法人住宅生産団体連合会の「2019年度戸建注文住宅の顧客実態調査」ですね。あくまで注文住宅購入者の方々のデータとなりますが、このようになっています。



4つ目は一般社団法人不動産流通経営協会の「不動産流通業に関する消費者動向調査」ですね。このようになっています。



こちらは「2020年度」となっていますが、実際には2020年3月期に関する調査結果です。

いずれにしても特に後者2つの調査結果から推測されるのことは

・2016年から変動金利タイプの人気が大きく伸びている

という点です。これは長期金利の動きを振り返れば当然かもしれません。



長期金利は2016年以降は上昇することなく安定して推移しています。これは日銀のイールドカーブコントロールによって金利が直接コントロールされているからですね。

現時点での長期金利の誘導目標は0%であることから、こうした金融政策が続けられる限り、金利上昇リスクはほぼなくなったと言えます。

金利上昇リスクがほぼなくなったのであれば変動金利タイプの人気が伸びるのは当然ですね。なぜなら変動金利タイプの最大の問題点が金利上昇リスクだからです。リスクがないのに金利が一番低いとなればみんなが選ぶのは理解できます。

ただ一方で。

1つ目の国土交通省の調査を除けばいずれも「消費者へのアンケート調査」であり、その信ぴょう性にはやや疑念が残ります。正直に回答している保証はありませんし、そもそも本当に回答してほしい人に回答してもらっているかどうかも分かりません。

より正確な情報を把握するためには「消費者アンケート」ではなく、実際に住宅ローンを貸し出している「金融機関へのアンケート」の最新の調査結果が待たれるわけですが、住宅金融支援機構が「民間住宅ローンの貸出動向調査」の2020年度版を発表しましたのでご紹介したいと思います。

「金利タイプ別の住宅ローン貸出実績」はこのようになっています。



こちらを見てもやはり変動金利タイプの人気上昇は顕著ですね!過去4年の変動金利のシェアはこうなっています。

・2017年3月期:49.9%
・2018年3月期:63.9%
・2019年3月期:70.4%
・2020年3月期:75.2%

2019年度=2020年3月期の変動金利タイプのシェアは過去4年で最高になっています。約8割ですからね!

そしてもう一度長期金利のグラフをチェックしていただければ分かるように、この1年は多少上下したものの全体的には低金利で推移しており、こうした「変動金利人気」は今でも続いていると考えて間違いなさそうです。

住宅金融支援機構の「消費者へのアンケート調査」もこのようになっています。



「2019年10月〜2020年3月」の調査でも変動金利タイプのシェアは60.2%ということで順調に増加ペースを維持していますね。

参考になさってください。

<日本住宅ローンプランニング編集部>

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちコンテンツ

トップページ
New! 2021年3月の住宅ローン金利比較・ランキング
New! 2021年3月のフラット35金利比較・ランキング
住宅ローン金利推移と住宅ローン金利動向について
住宅ローンシミュレーション(シュミレーション)について
住宅ローン審査の9大基準 落ちた理由は?対策は?
最新住宅関連ニュース :
住宅ローンの基本 :
地価動向について
住宅ローン減税/住宅ローン控除について

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちリンク

引越し業者一括見積もり
トップページ