最新の
今、最も人気の住宅ローンをご紹介します。

■トップページ > 住宅関連ニュース > 詳細記事

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

住宅ローン お役立ちコンテンツ

住宅ローン関連ニュース:
住宅ローンに対する新型コロナの影響は?住宅ローン貸出動向調査

このページでは、住宅ローンに関する各種ニュースや情報をご紹介します。
2021年1月12日

新型コロナの影響は当然のことながら住宅ローンにも及んでいるものと思いますが、先日取り上げた日銀の「主要銀行貸出動向アンケート調査」の2010年10月版では、住宅ローン需要が大きく回復したことが示唆されていました。



他方で金融機関の今後3ヶ月の貸出スタンスも積極化傾向となっており、需要と供給の両面で先行きが明るい回答結果となっていました。



>>>コロナ禍で住宅ローンは増えた?減った?今後の見通しは?日銀貸出動向調査2020年10月版

とは言いつつ、コロナ禍は住宅ローン利用者の収入を直撃するだけに金融機関の住宅ローンに対する懸念はむしろ高まっているものと思います。

では具体的に「住宅ローンについて懸念されるリスク」について、金融機関はどう考えているかと言うと、住宅金融支援機構が発表した「民間住宅ローンの貸出動向調査」によればこうなっています。



1位の「金利競争に伴う利ザヤ縮小」や、2位の「他機関への借り換え」は1年前の前回調査と大きな変化はないものの、3位の「景気低迷による延滞増加」は前年の33.0%から50.2%に大きく上昇しています。

金融機関の「住宅ローンの貸出は増やしたいけれど、延滞は心配」というジレンマが感じ取れますね。

そうした状況の変化を受けてか、各金融機関の審査姿勢はこのように変化しています。



特に「地方銀行」「信用組合」「労働金庫」において審査の厳格化傾向が鮮明となっている他、「都銀・信託」のように、厳格化までは行かなくても「慎重になった」という回答も多いですね。

全体的にはそれでも「ほとんど変わらない」という回答が多いわけですが、実際に住宅ローンの審査を受けてみると「想定外に落ちてしまう」ということもあり得るということですね。

そうなっても困らないようにコロナ禍の住宅ローン申込は

・早め早めに申し込む

・審査落ちすることを想定して複数の金融機関に申し込む

・贈与なども活用してなるべく自己資金を増やしておく

と言った対策が必要になってきそうですね。

参考になさってください。

<日本住宅ローンプランニング編集部>

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちコンテンツ

トップページ
New! 2021年3月の住宅ローン金利比較・ランキング
New! 2021年3月のフラット35金利比較・ランキング
住宅ローン金利推移と住宅ローン金利動向について
住宅ローンシミュレーション(シュミレーション)について
住宅ローン審査の9大基準 落ちた理由は?対策は?
最新住宅関連ニュース :
住宅ローンの基本 :
地価動向について
住宅ローン減税/住宅ローン控除について

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちリンク

引越し業者一括見積もり
トップページ