最新の
今、最も人気の住宅ローンをご紹介します。

■トップページ > 住宅関連ニュース > 詳細記事

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

住宅ローン お役立ちコンテンツ

住宅ローン関連ニュース:
マンションだけでなく戸建て価格も上昇か!?不動産価格指数2021年9月版

このページでは、住宅ローンに関する各種ニュースや情報をご紹介します。
2021年10月11日

昨年はコロナ禍で株価が大きく下がりましたので、同じように住宅価格も大きく下がることが期待されたわけですが、実際には価格が下がることはありませんでした。

もちろん地域によっては多少下がったところもありましたが、人気のエリア・物件については引き続き強気の値付けが続いています。ステイホームによって家への関心が高まったことに加えて、消費が瞬間蒸発したことにより家計の貯蓄が増えたこともあるのでしょうね。

ではその後、住宅価格がどのように推移しているかと言うと、国土交通省が9月に発表した不動産価格指数はこのようになっています。



確かに上昇しているわけですが、中でもマンション価格の上昇率は圧巻ですね・・・しかも足元ではさらに加速しているようにも見えます。

2013年から8年間、ずっと上昇しっぱなしでますます「バブル感」が出てきています。

他方でこれまで比較的落ち着いてきた「住宅地」や「戸建て住宅」についてもやや上昇傾向にあるように見えます。マンション価格だけが上昇するというのはあまりにいびつでしたが、これで戸建て価格も上昇するとなると、いよいよ住宅価格全体が上昇することになりますね。

ウッドショックの影響などもあるのかもしれませんが、これからマイホームを購入しようとされている方には気になる動きです。

地域別に見るとこうなっています。



「前月比」で見る必要はあまりないかもしれませんが、例えば関東地方を抜き出すとこのようになっています。

・住宅地:+5.4%

・戸建住宅:+2.7%

・マンション:+0.7%

住宅地>戸建て>マンションということで、やはりこれまでの「マンション価格の独歩高」という状態からの変化の兆しを感じます。

テレワークが定着するのであれば戸建て人気は底堅く推移する気もしますが、ただ日本人は忘れっぽいですからね。

3年もすればまた都心回帰に戻る気もします。果たしてどうなるでしょうか。

コロナが落ち着くまで慎重に検討した方がいいかもしれません。

参考になさってください。

<日本住宅ローンプランニング編集部>

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちコンテンツ

トップページ
New! 2021年10月の住宅ローン金利比較・ランキング
New! 2021年10月のフラット35金利比較・ランキング
住宅ローン金利推移と住宅ローン金利動向について
住宅ローンシミュレーション(シュミレーション)について
住宅ローン審査の9大基準 落ちた理由は?対策は?
最新住宅関連ニュース :
住宅ローンの基本 :
地価動向について
住宅ローン減税/住宅ローン控除について

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちリンク

引越し業者一括見積もり
トップページ