最新の
今、最も人気の住宅ローンをご紹介します。

■トップページ > 住宅関連ニュース > 詳細記事

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

住宅ローン お役立ちコンテンツ

住宅ローン関連ニュース:
2021年4月〜6月期の住宅ローンとフラット35の新規貸出額は減った?増えた?

このページでは、住宅ローンに関する各種ニュースや情報をご紹介します。
2021年11月25日

過去1年の住宅ローン市場の最大のハイライトはやはり「コロナ禍」ですね。影響が顕在化し始めたのは昨年2〜3月ですから、もはや2年近く経過していることになります。

ではそうしたコロナ禍の下、実際に住宅ローンの貸し出し状況がどうなっていたのかと言うと、そうした「住宅ローン需要」をタイムリーに知ることができるデータが、住宅金融支援機構が3ヶ月に1回発表する「業態別の住宅ローン新規貸出額」調査です。その最新版=2021年4月〜6月期の結果が発表されていますので早速チェックしてみるとこうなっています。



つまり、

・2021年4月〜6月期住宅ローン新規貸出額:5兆983億円(前年同期比+14.6%)


ものすごく伸びていますね!前年同期である2020年4月〜6月期の数字が低すぎたということもあるのでしょうけれど、しかしまだコロナ禍にあることを考えればやはり驚きの数字だと言えそうです。

これまでの新規貸出額の推移をグラフ化するとこうなります。



過去8年で最高水準にあることが分かります。他方でやはり前年同期は凹んでいますね。やはり今回の大幅な増加は「前年の反動」という要因が大きそうです。

ちなみに主要業態の1月〜3月期の結果はこういうことになります。

・国内銀行 : +21.7%
・信用金庫 : +9.1%
・労働金庫 : +0.3%
・住宅金融支援機構 : −7.2%

かなり明暗が分かれていますね。銀行が極めて好調だった一方で、住宅金融支援機構=フラット35が苦戦したという結果です。

という訳で同じ調査からフラット35の貸出額と長期金利の推移をチェックしてみるとこうなります。



やはりフラット35の貸出額は過去8年の中で最低水準ですね。金利はやや上昇傾向だった気もしますが、そうした細かな金利変動より、「景気が悪い間は金利は上がらない」という金利観を持つ人が増えたのかもしれません。

参考になさってください。

<日本住宅ローンプランニング編集部>

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちコンテンツ

トップページ
New! 2021年11月の住宅ローン金利比較・ランキング
New! 2021年11月のフラット35金利比較・ランキング
住宅ローン金利推移と住宅ローン金利動向について
住宅ローンシミュレーション(シュミレーション)について
住宅ローン審査の9大基準 落ちた理由は?対策は?
最新住宅関連ニュース :
住宅ローンの基本 :
地価動向について
住宅ローン減税/住宅ローン控除について

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちリンク

引越し業者一括見積もり
トップページ