最新の
今、最も人気の住宅ローンをご紹介します。

■トップページ > 住宅関連ニュース > 詳細記事

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

住宅ローン お役立ちコンテンツ

住宅ローン関連ニュース:
最新の住宅ローン金利タイプランキングは?住宅金融支援機構の実態調査2022年7月版

このページでは、住宅ローンに関する各種ニュースや情報をご紹介します。
2022年7月8日

いつもご案内しているように住宅ローン金利タイプのシェア=ランキングに関する調査について信頼できるものはいくつかあります。それらをご紹介していくと、まず1つ目は国土交通省の「令和2年度民間住宅ローンの実態に関する調査」でこのようになっています。



こちらは2020年度の数字でちょっと古いですが、最も人気の変動金利型のシェアは7割となっています。

2つ目は一般社団法人住宅生産団体連合会が発表した「2020年度戸建注文住宅の顧客実態調査」です。あくまで注文住宅購入者の方々のデータとなりますが、その金利タイプはこのようになっています。



変動金利型のシェアが徐々に拡大し、2020年度の変動金利型のシェアは8割近くとなっています。

3つ目は一般社団法人不動産流通経営協会の「不動産流通業に関する消費者動向調査」ですね。このようになっています。


最新のデータは「2021年度」となっていますが、実際には2021年3月期に関する調査結果です。こちらも変動金利型のシェアが拡大し、2021年3月期は8割超になっています。

4つ目は住宅金融支援機構の「民間住宅ローンの貸出動向調査」でこのようになっています。



こちらも変動金利型が7割超えですね。残念ながら最新の数字は発表されていませんが。そうしたわけでこれらの調査が共通して示しているのは変動金利型の人気拡大です。

5つ目は、国土交通省による「令和3年度住宅市場動向調査」でこのようになっています。



こちらも直近では8割に上昇しています。

という訳で各調査が共通しているのは

・金利タイプランキングの中で断トツに人気なのは変動金利型

・その次は固定金利期間選択型

という点ですね。

さて、これらの調査のほとんどが2020年度=2021年3月末時点のものにとどまり、2021年4月以降の住宅ローン金利タイプのシェア=ランキングの動向が気になるところですが、この度、住宅金融支援機構が発表した「民間住宅ローンの実態調査」では、

・2021年10月〜2022年3月=2021年度下半期

に住宅ローンを借りた合計1,500名のアンケート結果はこのようになっています。



変動型が7割超ということですね!

過去3年の長期金利の推移をチェックすると2020年までは割と変動幅が大きかったものの、それ以降の金利水準自体は低いままでした。



とすると最も金利が低い変動金利型が人気となるのは自明ですが、ただ足元では長期金利がハッキリ上昇しています。こうした変化が金利タイプのシェアにどう影響するのか気になるところでしたが、今のところ大きな変化はないということですね。

ちなみに回答者の方の「今後1年間の住宅ローン金利見通し」はこうなっています。



半年前と比較して全体的に「現状よりも住宅ローン金利が上昇する」と回答している方が大きく増えています!

その割には変動金利型が人気と言うのは矛盾している気もしますが、「現状より上昇するとしてもそれほどではない」と考えている方が多いのですかね。

あるいは「変動金利は上昇しない」と考えているのかもしれません。

参考になさってください。

<日本住宅ローンプランニング編集部>

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちコンテンツ

トップページ
New! 2022年8月の住宅ローン金利比較・ランキング
New! 2022年8月のフラット35金利比較・ランキング
住宅ローン金利推移と住宅ローン金利動向について
住宅ローンシミュレーション(シュミレーション)について
住宅ローン審査の9大基準 落ちた理由は?対策は?
最新住宅関連ニュース :
住宅ローンの基本 :
地価動向について
住宅ローン減税/住宅ローン控除について

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちリンク

引越し業者一括見積もり
トップページ