最新の
今、最も人気の住宅ローンをご紹介します。

■トップページ > 住宅関連ニュース > 詳細記事

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

住宅ローン お役立ちコンテンツ

住宅ローン関連ニュース:
2022年の基準地価、あなたの都道府県は上がった?下がった?2023年の見通しは?

このページでは、住宅ローンに関する各種ニュースや情報をご紹介します。
2022年9月26日

国土交通省が2022年7月1日時点の都道府県地価調査=基準地価を発表しています。路線価や公示地価と並び、「三大地価」の1つと言っていいのかもしれません。

早速その「基準地価」の前年からの増減をチェックしていくと用途別はこうなっています。



「全国」で見ると2017年からの推移はこういうことですね。

・全用途 : −0.3%→0.1%→0.4%→−0.6%−0.4%→0.3%
・住宅地 : −0.6%−0.3%−0.1%−0.7%−0.5%→0.1%
・商業地 : 0.5%→1.1%→1.7%→−0.3%−0.5%→0.5%

2019年まで順調に回復してきたものが2020年・2021年と一転して下落しました。その原因はもちろんコロナ禍ですね。

ただ今年はしっかり反転し全てがプラスに転じたわけですね!住宅地については何と31年ぶりの上昇ということのようです。「失われた30年」ということでしょうか・・・。

エリア別に過去6年の推移を見てみるとこうなっています。

<住宅地>

・東京圏 : 0.6%→1.0%→1.1%→−0.2%→0.1%→1.2%
・大阪圏 : 0.0%→0.1%→0.3%→−0.4%−0.3%→0.4%
・名古屋圏 : 0.6%→0.8%→1.0%→−0.7%→0.3%→1.6%
・札幌、仙台、広島、福岡 : 2.8%→3.9%→4.9%→3.6%→4.2%→6.6%
・地方圏 : −1.0%−0.8%−0.5%−0.9%−0.7%−0.2%

今年は主要なエリアでしっかり上昇したわけですが、他方で「地方圏」に限るとまだマイナスのままです。

とは言いつつ、マイナス幅は−0.2%とかなり小さくなってきており、このまま行けば来年にはプラスになる可能性も十分あります。

住宅購入者にとって地価が上昇している方がいいのか、下落している方がいいのかは微妙ですが、全体的には上昇傾向が強まっている点にはご留意ください。

次に都道府県毎の変動率の推移を昨年と比較するとこうなります。

全 国   :   -0.5   →   0.1
01.北 海 道   :   0.3   →   1.8
02.青 森   :   -1.1   →   -0.9
03.岩 手   :   -0.8   →   -0.6
04.宮 城   :   0.3   →   1.3
05.秋 田   :   -1.6   →   -1.1
06.山 形   :   -0.9   →   -0.4
07.福 島   :   -0.5   →   -0.5
08.茨 城   :   -0.5   →   0.0
09.栃 木   :   -0.9   →   -0.7
10.群 馬   :   -1.2   →   -1.1
11.埼 玉   :   -0.1   →   0.8
12.千 葉   :   0.0   →   1.0
13.東 京   :   0.2   →   1.5
14.神 奈 川   :   -0.2   →   0.8
15.新 潟   :   -1.2   →   -1.1
16.富 山   :   -0.5   →   -0.4
17.石 川   :   0.3   →   0.9
18.福 井   :   -1.3   →   -1.2
19.山 梨   :   -1.3   →   -1.2
20.長 野   :   -0.9   →   -0.7
21.岐 阜   :   -1.6   →   -1.2
22.静 岡   :   -1.2   →   -0.9
23.愛 知   :   0.2   →   1.5
24.三 重   :   -1.6   →   -1.0
25.滋 賀   :   -1.3   →   -0.9
26.京 都   :   -0.6   →   -0.2
27.大 阪   :   -0.2   →   0.4
28.兵 庫   :   -0.8   →   -0.1
29.奈 良   :   -1.2   →   -1.0
30.和 歌 山   :   -1.4   →   -1.1
31.鳥 取   :   -1.1   →   -0.9
32.島 根   :   -1.1   →   -1.0
33.岡 山   :   -1.1   →   -0.7
34.広 島   :   -0.7   →   -0.3
35.山 口   :   -0.6   →   -0.5
36.徳 島   :   -1.3   →   -1.2
37.香 川   :   -1.0   →   -0.8
38.愛 媛   :   -1.6   →   -1.5
39.高 知   :   -0.8   →   -0.7
40.福 岡   :   1.5   →   2.5
41.佐 賀   :   -0.3   →   0.1
42.長 崎   :   -1.0   →   -0.7
43.熊 本   :   -0.2   →   0.2
44.大 分   :   0.0   →   0.2
45.宮 崎   :   -0.5   →   -0.4
46.鹿 児 島   :   -1.4   →   -1.3
47.沖 縄   :   1.6   →   2.7

マイナスからプラスに転じたのは、茨城、埼玉、神奈川、大阪、佐賀、熊本の6つとなります。これで地価がプラスの都道府県は全部で16ということですね。

ではいつものように、昨年から今年にかけての変化をもとに単純計算して、来年の地価変動率を試算してみたいと思います。

全 国   :   -0.5   →   0.1   →   0.7
01.北 海 道   :   0.3   →   1.8   →   3.3
02.青 森   :   -1.1   →   -0.9   →   -0.7
03.岩 手   :   -0.8   →   -0.6   →   -0.4
04.宮 城   :   0.3   →   1.3   →   2.3
05.秋 田   :   -1.6   →   -1.1   →   -0.6
06.山 形   :   -0.9   →   -0.4   →   0.1
07.福 島   :   -0.5   →   -0.5   →   -0.5
08.茨 城   :   -0.5   →   0.0   →   0.5
09.栃 木   :   -0.9   →   -0.7   →   -0.5
10.群 馬   :   -1.2   →   -1.1   →   -1
11.埼 玉   :   -0.1   →   0.8   →   1.7
12.千 葉   :   0.0   →   1.0   →   2
13.東 京   :   0.2   →   1.5   →   2.8
14.神 奈 川   :   -0.2   →   0.8   →   1.8
15.新 潟   :   -1.2   →   -1.1   →   -1
16.富 山   :   -0.5   →   -0.4   →   -0.3
17.石 川   :   0.3   →   0.9   →   1.5
18.福 井   :   -1.3   →   -1.2   →   -1.1
19.山 梨   :   -1.3   →   -1.2   →   -1.1
20.長 野   :   -0.9   →   -0.7   →   -0.5
21.岐 阜   :   -1.6   →   -1.2   →   -0.8
22.静 岡   :   -1.2   →   -0.9   →   -0.6
23.愛 知   :   0.2   →   1.5   →   2.8
24.三 重   :   -1.6   →   -1.0   →   -0.4
25.滋 賀   :   -1.3   →   -0.9   →   -0.5
26.京 都   :   -0.6   →   -0.2   →   0.2
27.大 阪   :   -0.2   →   0.4   →   1
28.兵 庫   :   -0.8   →   -0.1   →   0.6
29.奈 良   :   -1.2   →   -1.0   →   -0.8
30.和 歌 山   :   -1.4   →   -1.1   →   -0.8
31.鳥 取   :   -1.1   →   -0.9   →   -0.7
32.島 根   :   -1.1   →   -1.0   →   -0.9
33.岡 山   :   -1.1   →   -0.7   →   -0.3
34.広 島   :   -0.7   →   -0.3   →   0.1
35.山 口   :   -0.6   →   -0.5   →   -0.4
36.徳 島   :   -1.3   →   -1.2   →   -1.1
37.香 川   :   -1.0   →   -0.8   →   -0.6
38.愛 媛   :   -1.6   →   -1.5   →   -1.4
39.高 知   :   -0.8   →   -0.7   →   -0.6
40.福 岡   :   1.5   →   2.5   →   3.5
41.佐 賀   :   -0.3   →   0.1   →   0.5
42.長 崎   :   -1.0   →   -0.7   →   -0.4
43.熊 本   :   -0.2   →   0.2   →   0.6
44.大 分   :   0.0   →   0.2   →   0.4
45.宮 崎   :   -0.5   →   -0.4   →   -0.3
46.鹿 児 島   :   -1.4   →   -1.3   →   -1.2
47.沖 縄   :   1.6   →   2.7   →   3.8


一応単純計算では、山形、京都、兵庫、広島がプラスに転じるというわけですね。言い換えればまだまだマイナスが続く都道府県は少なくありませんが、来年こそは地方圏全体でプラスとなることを期待したいと思います。

参考になさってください。

<日本住宅ローンプランニング編集部>

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちコンテンツ

トップページ
New! 2022年11月の住宅ローン金利比較・ランキング
New! 2022年11月のフラット35金利比較・ランキング
住宅ローン金利推移と住宅ローン金利動向について
住宅ローンシミュレーション(シュミレーション)について
住宅ローン審査の9大基準 落ちた理由は?対策は?
最新住宅関連ニュース :
住宅ローンの基本 :
地価動向について
住宅ローン減税/住宅ローン控除について

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちリンク

引越し業者一括見積もり
トップページ