最新の
今、最も人気の住宅ローンをご紹介します。

■トップページ > 住宅関連ニュース > 詳細記事

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

住宅ローン お役立ちコンテンツ

住宅ローン関連ニュース:
[速報!2022年11月のフラット35金利]フラット35=1.54%、フラット20=1.38%

このページでは、住宅ローンに関する各種ニュースや情報をご紹介します。
2022年10月28日

10月も末となり、一部の金融機関では11月のフラット35/20の金利を発表しております。今月(10月)と比較して11月の金利はこのようになるようです。

・フラット20金利 : 1.32% → 1.38% (+0.06%
・フラット35金利 : 1.48% → 1.54% (+0.06%

来月はフラット20もフラット35も上昇ということですね。

このフラット35/20の金利のベースとなる住宅金融支援機構債の金利は、今月はこのように決まりました。

・0.58% → 0.74% (+0.16%

来月のフラット35/20の金利変動は今月の機構債の金利変動とかなり違いますね!先月も同様ですが何か制度変更でもありましたっけ・・・。

ちなみに当サイトの11月のフラット35/20の金利予想はこうでした。

・フラット20金利 : 1.32% → 1.40% (+0.08%
・フラット35金利 : 1.48% → 1.64% (+0.16%

>>>[2022年11月のフラット35金利予想] 前月比+0.16% フラット35金利1.64%?

今回はまるっきり外しました・・・残念です。フラット20は惜しかったと言えば惜しかったですが。

なお最近の長期金利はこのように推移しています。



2018年秋以降、株価下落や世界的な金利低下などの影響を受けて低下基調だったわけですが、2019年秋以降、逆に上昇基調が鮮明となりました。

2020年にコロナ禍が拡大したことによって金利が下がるかと思いきや上昇したのは意外でした・・・。

加えて2020年3月に日銀がイールドカーブコントロールのもとでの長期金利の上限を従来の0.20%から0.25%に拡大したこともネガティブサプライズとなりました。

さらに足元では世界的なインフレ傾向や利上げの動きを受けて+0.248%まで上昇しています。

6月中旬には日銀の金融政策変更を見越して長期金利が一時0.4%を超える水準まで上昇する局面もありました。

日銀のスタンスを見る限り、早期に金融政策が変更される可能性は低く、現状のイールドカーブコントロールの元ではこれより大きく長期金利が上昇することはないはずですが要注意です。

ちなみにフラット35/20の金利と長期金利のこれまでの金利推移はこのようになっています。



参考になさってください。

<日本住宅ローンプランニング編集部>

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちコンテンツ

トップページ
New! 2022年11月の住宅ローン金利比較・ランキング
New! 2022年11月のフラット35金利比較・ランキング
住宅ローン金利推移と住宅ローン金利動向について
住宅ローンシミュレーション(シュミレーション)について
住宅ローン審査の9大基準 落ちた理由は?対策は?
最新住宅関連ニュース :
住宅ローンの基本 :
地価動向について
住宅ローン減税/住宅ローン控除について

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちリンク

引越し業者一括見積もり
トップページ