最新の
今、最も人気の住宅ローンをご紹介します。
※当サイトには広告リンクが含まれています。

■トップページ > 住宅関連ニュース > 詳細記事

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

住宅ローン お役立ちコンテンツ

住宅ローン関連ニュース:
日銀の利上げによって長期金利が急上昇した中、住宅ローンは増えた?減った?今後の見通しは?日銀貸出動向調査2023年1月版

このページでは、住宅ローンに関する各種ニュースや情報をご紹介します。
2023年2月7日

これまで安定して推移してきた住宅ローン金利ですが、気になる動きが日銀が「長期金利の変動幅」を拡大し続けてきたことですね。

日銀は2016年秋に開始されたイールドカーブコントロールによって長期金利を概ね「−0.1%〜0.1%」の範囲内に収まるよう操作してきましたが、2018年7月末にこれを「−0.2%〜0.2%」に拡大しました。

つまり長期金利の上限が0.1%から0.2%に上がったのですね。

さらに2021年3月には「−0.25%〜0.25%」へ、そして2022年12月には「−0.5%〜0.5%」へと再拡大しました。これらは実質的に「金利引き上げ」を意図したものと言えますので金利上昇が懸念されたわけですが、その後の長期金利の推移をチェックするとこうなっています。



2018年・2021年の変動幅拡大は「不発」だった一方で、2022年の変動幅拡大は、折からの世界的な金利上昇傾向もあり、長期金利が即座に反応し、大きく上昇しています。

本日は0.500%ということで早くも「上限」に達しているわけですね。

今のところイールドカーブコントロールは機能しておりますので、「上限」を上回るような金利上昇にはならないと思いますが、住宅ローン利用者としては要注意です。

実際に住宅ローン市場にどのような影響が出ているのか気になるところですが、3ヶ月に1度発表される日銀の「主要銀行貸出動向アンケート調査」から調べてみたいと思います。

今回は調査期間が2022年12月9日〜2023年1月12日となっており、2022年第3四半期=2022年9月〜2022年12月の動向が概ね反映されております。

さらに言えば上記の通り2022年12月の日銀の利上げの影響も加味されているものと思います。

では早速今回発表された最新の数値をチェックしてみたいと思います。気になる個人の資金需要=ローン需要を見てみるとこのようになっています。



「個人向け」の欄を見てみると指数は3ヶ月前の「−4」から「−3」へ少し回復しています。依然マイナスではありますが。

回答金融機関の内訳はこうです。

・やや増加:2%
・横ばい:90%
・やや減少:8%

確かに減少と回答している金融機関の方が多いですね。

次にその個人の資金需要を「住宅ローン」と「消費者ローン」に分けてみるとこうなります。



抜き出すと前回と比較してこういうことになります。

・住宅ローン:−5→−4
・消費者ローン:−1→3

住宅ローンも消費者ローンも回復はしていますが、住宅ローンは引き続きマイナスで低迷傾向ですね。

次に 「今後3ヶ月予測」はこのようになっています。



個人向けの資金需要は前回の「1」から「0」へ後退する見通しとなっています。弱気ですね。日銀の利上げによって住宅ローン金利が高止まりするという予想をしているのかもしれません。

次に「金融機関の貸出スタンス」はどうなっているかと言うと、まず過去3ヶ月はこう。



銀行の貸出スタンスは「2」から「2」のままで、積極性を維持しているということですね。

最後に貸出スタンスの「今後3ヶ月予測」はこう。



こちらも前回の「1」から「1」のままで、特に消極的になるということはなさそうです。

金利上昇が要因からか住宅ローン需要は弱いですが、3ヶ月前から比べると意外と回復しているようですね。

利上げの影響がハッキリ出てくるのは次回調査かもしれませんが。

参考になさってください。

<日本住宅ローンプランニング編集部>

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちコンテンツ

トップページ
New! 2024年4月の住宅ローン金利比較・ランキング
New! 2024年4月のフラット35金利比較・ランキング
住宅ローン金利推移と住宅ローン金利動向について
住宅ローンシミュレーション(シュミレーション)について
住宅ローン審査の9大基準 落ちた理由は?対策は?
最新住宅関連ニュース :
住宅ローンの基本 :
地価動向について
住宅ローン減税/住宅ローン控除について

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちリンク

引越し業者一括見積もり
トップページ