最新の
今、最も人気の住宅ローンをご紹介します。
※当サイトには広告リンクが含まれています。

■トップページ > 住宅関連ニュース > 詳細記事

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

住宅ローン お役立ちコンテンツ

住宅ローン関連ニュース:
2023年7月〜9月期の住宅ローンとフラット35の新規貸出額は減った?増えた?

このページでは、住宅ローンに関する各種ニュースや情報をご紹介します。
2024年1月9日

この数年の住宅ローン市場の最大のハイライトは日銀の実質的な利上げに伴う長期金利の上昇ですかね。長期金利は過去3年でこのように推移しています。



右肩上がりで上昇してきたわけですね!フラット35などの長期固定金利には逆風が吹いていると言えます。

ただ一方で昨年の11月ごろを境に一旦ピークアウトしているようにも見えます。今年の世界の金融政策は「利下げ」に向かっていくと思いますが、そうすると日本の長期金利にもさらなる下落圧力が加わることになります。注目ですね。

では実際に貸し出し状況がどうなっていたのかと言うと、そうした「住宅ローン需要」をタイムリーに知ることができるデータが、住宅金融支援機構が3ヶ月に1回発表する「業態別の住宅ローン新規貸出額」調査です。その最新版=2023年7月〜9月期の結果が発表されていますので早速チェックしてみるとこうなっています。



結果はこうですね。

・2023年7月〜9月期住宅ローン新規貸出額:5兆1,811億円(前年同期比−0.03%)

逆風が吹いているかと思いきや、前年とほぼ同じですね。

これまでの新規貸出額の推移をグラフ化するとこうなります。



ただ過去4年と比較すれば最も少なかったとは言えそうです。

次に同じ調査からフラット35の貸出額と長期金利の推移をチェックしてみるとこうなります。



こちらは上記の通り金利上昇が逆風となり、フラット35は苦戦しているわけですね。この10年で最低水準の新規貸出額となっています。

長期金利が上昇しても変動金利は上がりませんので、住宅ローンの固定金利と変動金利の差がどんどん広がっています。固定金利タイプの住宅ローンが苦戦するのは当然です。

参考になさってください。

<日本住宅ローンプランニング編集部>

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちコンテンツ

トップページ
New! 2024年2月の住宅ローン金利比較・ランキング
New! 2024年2月のフラット35金利比較・ランキング
住宅ローン金利推移と住宅ローン金利動向について
住宅ローンシミュレーション(シュミレーション)について
住宅ローン審査の9大基準 落ちた理由は?対策は?
最新住宅関連ニュース :
住宅ローンの基本 :
地価動向について
住宅ローン減税/住宅ローン控除について

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちリンク

引越し業者一括見積もり
トップページ