最新の
今、最も人気の住宅ローンをご紹介します。
ランキングは読者のクリック数でカウントしています。

■トップページ > 住宅ローンの基本 > 「売買契約の前に住宅ローン審査を受けた方が良い理由」

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

住宅ローンの基本

売買契約の前に住宅ローン審査を受けた方が良い理由

このページでは、住宅ローンの基本をご紹介しています。
2019年2月16日

めぼしい物件が見つかると不動産業者からまずは不動産の売買契約を急かされることが多いです。業者とすれば不動産を「売ってナンボ」なわけですから契約を急ぐのは当然ですし、購入者からしても契約を結べば他の人に取られてしまう可能性がなくなります。

また、万が一住宅ローンの審査に落ちても「ローン特約」によって手付金などは全額返ってきますので購入者が損をすることはありません。その点では、業者・購入者双方にメリットがあるわけで、「まずは契約」というのは決して悪い選択ではありません。

しかし、もし時間的余裕があるのであれば、先に住宅ローン審査を通しておくのに越したことはありません。

その最大の理由は「金利の低い住宅ローンを利用できるかどうかは審査に掛けてみないと分からない」という点です。様々な理由で「割高な住宅ローンしか利用できない」となると、その返済計画は大いに狂うことになりますね。

またそのように「割高な住宅ローン」の理由が物件のせいだとすると、評価を根本的に見直さないといけないということになります。

何か購入者の見落としている欠陥が原因だとすれば、そもそも購入を断念する必要も出てくるかもしれません。

上記の通り「契約をしても住宅ローン審査が通らなければ購入しなくてもいい」ということは言い換えれば「契約をすると住宅ローン審査が通れば購入しないといけない」ということです。気軽にハンコをついていいものではありません。

一生に一度の買い物に対して慎重であれば慎重であるほど良いのは当然です。住宅ローン審査はそうした判断材料の1つになり得るものですので、可能であればやはり契約をする前に銀行の判断を仰ぎたいものです。

住宅ローン審査のプロセスは「仮審査」と「本審査」に分かれますが、特に前者の「仮審査」は割と早く回答が得られますので、積極的に活用いただければと思います。

<日本住宅ローンプランニング編集部>

今月、最も金利の低い住宅ローンはどこ? 最新の住宅ローン金利比較はこちら

住宅ローンの基本

トップページ
住宅ローンの基本 :

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちコンテンツ

トップページ
New! 2019年5月の住宅ローン金利比較・ランキング
New! 2019年5月のフラット35金利比較・ランキング
住宅ローン金利推移と住宅ローン金利動向について
住宅ローンシミュレーション(シュミレーション)について
住宅ローン審査の9大基準 落ちた理由は?対策は?
最新住宅関連ニュース :
住宅ローンの基本 :
地価動向について
住宅ローン減税/住宅ローン控除について

PAGE TOP

住宅ローン お役立ちリンク

引越し業者一括見積もり
トップページ